VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

懐かしの人気小説はもちろん、ここでしか読めないデジタル書き下ろし「短編小説の航路」シリーズが楽しめる

NEW「短編小説の航路」シリーズ

作品一覧

公開作品 687

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 泣いている私は嫌いですか。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 泣いている私は嫌いですか。

 雨の金曜日の夕方、彼と彼女はひとつの傘のなかに入り、肩をならべて歩道を歩いていた。彼のダーク・ブル…

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール お人形の物語の続きです。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール お人形の物語の続きです。

 彼はコーヒーを飲みおえた。空になった紙コップを顔の前にかかげた。抽象化した花模様の印刷された、白い…

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール お人形になることの楽しさ。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール お人形になることの楽しさ。

 夕方、彼女から彼のオフィスに電話があった。 「今夜、私と会ってください」  と彼女は彼に言った。 …

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール ストロボの光が私の肌を撫でる。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール ストロボの光が私の肌を撫でる。

「夕方、六時三十分に待ち合わせしましょう」  と彼女は彼に言った。 「私は早めに部屋へ帰り、したくを…

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 私の下着姿を写真に撮ってください。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 私の下着姿を写真に撮ってください。

 午後一時過ぎに彼女から彼のところに電話があった。お会いしたいです、コーヒーでも飲みましょう、と彼女…

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 見せたい、という気持ちは強くあります。

彼と彼女の信頼関係 午後三時のハイヒール 見せたい、という気持ちは強くあります。

 ふたりはホテルの部屋に入った。背後でドアが自動的に閉じた。左はクロゼット、そして右側には浴室のドア…

美しき他者

美しき他者

2005年にSWITCHで発表された同名の作品を再構成・加筆し、2007年に短編集『青年の完璧な幸福…

かつて酒場にいた女

かつて酒場にいた女

ゆくゆくは小説を書こうと考えているライターの大塚は、豪雨の中、新宿のバーへ駆け込みます。そのバーは、…

三丁目に食堂がある

三丁目に食堂がある

小説を書くとは何かについての作品集「青年の完璧な幸福」の掉尾を飾る書き下ろしの短編小説です。『アイス…

夏の姉を撮る 写真をめぐる小説20章

夏の姉を撮る 写真をめぐる小説20章

三十代後半のひとりの写真家を通して、写真に関するあらゆる事象について物語った連作短編集です。離婚して…

ホームシック

ホームシック

太平洋戦争開戦直前、日系二世のジョージ・アキモトは日本の大学へ留学するためハワイから来日します。月日…

象がきた町

象がきた町

ある日、大陸を巡回興行するサーカスの一団が、人口六百人の小さな町・ステーツボロにやってきます。本来行…

フォトーグ

フォトーグ

大学の芸術学部写真学科を卒業した日比谷恵子は、著名な写真家の事務所でアシスタントとして雇われます。1…

小説「オレゴン街道」 ゴーストタウンに紅い薔薇

小説「オレゴン街道」 ゴーストタウンに紅い薔薇

1975年に行われたオールトヨタチャレンジャーズコンテストを記念して作られた書籍収録の、西部開拓史を…

とても暑い、ある日

とても暑い、ある日

主人公の沖島は日系三世で、ホノルルの探偵社に勤める調査員です。夏の休暇を終え戻ってきたばかりの彼は、…

「男の、こんチクショウ!」

「男の、こんチクショウ!」

陽気な美女であるホステスの麻美は、25歳の誕生日の記念にある計画をぶちあげます。誰も最初は本気にしま…

雨の午後はアイス・ティー

雨の午後はアイス・ティー

カメラマンの佐原は、仕事帰りに〈小舟〉という名のバーに立ち寄り、ホステスの由紀子と親密な関係になって…

香りはなにを語りたいのか

香りはなにを語りたいのか

香りを表すボキャブラリーは、とても少ないことを踏まえた上で、香りを言葉で捕まえるために書かれた幾つも…

死なずにいてくれ

死なずにいてくれ

駅前で出会った妻の恵子に、タバコを買ってくるように頼んで帰宅した矢崎は、何時間も帰ってこない恵子に腹…

ノースショアのいくつかの掌編

ノースショアのいくつかの掌編

トゥー・ブロックス・ダウン  田舎町を照りつける陽ざしのなかを、メイン・ストリートが抜けていた。日…

去年の夏、ぼくが学んだこと

去年の夏、ぼくが学んだこと

片岡義男の小説には、小説を書こうとする人物が頻繁に登場します。また、小説を書く孤独や、虚構とは何か、…

オーシャン・パシフィック

オーシャン・パシフィック

かつてはとても良い波ができていたアメリカの島を訪れた、マリアとプロ・サーファーの秋彦は、ドノヴァンと…

想い出のダイアナ

想い出のダイアナ

片岡義男流の人情噺といった趣の短編小説です。キャバレーの新店を任された次郎が、店を軌道に乗せるために…

ドロップシティ

ドロップシティ

若き日の片岡義男を思わせるKが、オアフ島のハレイワで過ごした1年間の記録というスタイルで書かれた中編…

横須賀ジョニーの歌

横須賀ジョニーの歌

1977年から78年に雑誌『サンジャック』に連載された長編小説。白いサンダーバードを乗りこなす美女に…