片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

踏切を渡ってコロッケ

【短編小説の航路】彼女と同居するため、主人公が「2000冊の蔵書を全て売却する」という行為は、誰かと一緒に住むという真実を顕にする。

この物語の主人公は、京都で働く女性と結婚し、しかしそのまま京都と東京で別々に暮らしていました。そして1年を経て上京し東京で働く彼女と同居することになります。結婚し、同居するという行為にまつわる事の全てが、ここにあると言っても過言ではないくらい、主人公が決断する「2000冊の蔵書を全て売却する」という行為は象徴的に、誰かと一緒に住む、という事の真実を顕にします。最終的に二人が決める新居は、彼が本を売らなければ見つからなかった場所です。ということは、やはり増え過ぎた本は売るのが正解なのでしょう。

  • #東京
  • #トイレット
  • #浴室
  • #喫茶店
  • #京都
  • #椅子
  • #駅
  • #各駅停車
  • #カレーライス
  • #コロッケ
  • #夫婦
  • #結婚
  • #商店街
  • #古書店
  • #新宿
  • #キチン
  • #窓ガラス
  • #短編小説の航路
  • #珈琲
  • #踏切
  • #不動産
  • #カフェ
  • #ショルダー・バッグ
  • #エントランス
  • #キッチン
  • #ラッシュ・アワー
  • #奈良
  • #区役所
  • #馬鈴薯
  • #ヴェランダ
  • #軽トラック
  • #牛乳
  • #2019年
  • #下高井戸
  • #作業室
  • #引っ越し
  • #急行
  • #アイランド
  • #鶏
  • #ロッカー
  • #幸運
  • #ベランダ
  • #京王線
  • #日大通り
  • #婚姻届
  • #固定電話
  • #小松菜
  • #服部孝雄
  • #呼出し音
  • #呼び出し音
  • #ベランダ
  • #沼田美紀
  • #調布
  • #STUDY
  • #ウォークイン・クロゼット
  • #ウォークイン・クローゼット
  • #通勤快速
  • #桜上水
  • #売却
  • #芦花公園駅
  • #閑話休題
  • #スコッチ・エッグ
  • #ポタージュ
このエントリーをはてなブックマークに追加