片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

寒い季節の恋愛小説

【短編小説の航路】暑い日に、寒い季節の恋愛小説を考える。小説の舞台裏を描いた物語。

作家の剣持剛は、京都へ向かう新幹線のグリーン車で、かつて自分の本を担当した編集者であり親友の栗原圭介とばったり出会うところから物語は始まります。「寒い季節の恋愛小説」というタイトルの小説を考えているという剣持は、栗原が少しだけ付き合った女性で、相手が広島に引っ越して以来、1年以上会っていないという話を聞いて、彼女とすぐに連絡を取れと言います。それを小説に書くから、また会って話そうということになります。物語は確かに恋愛小説なのですが、実際に描かれるのは50歳を過ぎた2人の男の会話だけなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加