片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

六十四年インパラ

【短編小説の航路】雨の夜の男たちの行軍と別れは、それだけで物語となります。

梅雨の冷たい雨の中、傘もささずに三人の独身男性が歩いています。彼らはそれぞれによく似た、しかし細部が違う高性能のレインウェアを着て、各々のスタイルで歩いています。年齢も格好もよく似た三人ではあるけれど、それぞれ、行き先も持ち物も違います。駅でひとりが別れ、空港でもう一人が迎えに来た彼女が運転する六十四年製インパラに乗ります。それを見送った三人目は、飛行機に乗れず、この土地で一泊することになります。雨の夜の男たちの行軍と別れは、それだけで物語となります。物語を繋ぐのはバークレイズのスペアミントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加