片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

あとがきを書いてください

【短編小説の航路】「イツモクルオンナノヒト」とも呼応する短編小説がどう生まれるのかの物語

作家と編集者の雑談が、ゴム飛ばしの話をきっかけにイメージを具体化していきます。同時に、作家はゴム飛ばし銃やエアガンへの興味を深めていきます。編集者は、それを煽るように資料を送ります。小説が、どのように作られていくかというテーマは、この「短編小説の航路」に繰り返し現れますが、今回の物語は、そこにゴム飛ばしと、それに付随する様々なアイテムを詰め込むことで、モノと手触り、輪ゴムが飛ぶ面白さが、物語の中でどのように機能するのかを教えてくれているようです。「イツモクルオンナノヒト」とも呼応する短編小説がどう生まれるのかの物語。

このエントリーをはてなブックマークに追加