VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

懐かしの人気小説はもちろん、ここでしか読めないデジタル書き下ろし「短編小説の航路」シリーズが楽しめる

NEW「短編小説の航路」シリーズ

作品一覧

公開作品 635

グッドラックとしか言いようがない 白ワインを飲む彼女

グッドラックとしか言いようがない 白ワインを飲む彼女

紅茶のカップを両手で持ち、江美子はまっすぐに裕司を見た。「ねえ」と、彼女が言った。裕司は江美子を見た…

グッドラックとしか言いようがない 文庫本を読む彼女

グッドラックとしか言いようがない 文庫本を読む彼女

中野裕司は、大学の先輩の大塚という男性と、バーで待ち合わせをしていた。約束の時間を過ぎても、大塚はま…

桜の花びらひとつ

桜の花びらひとつ

短編小説集「豆大福と珈琲」の最後に収録された、この作品は『豆大福と珈琲』『深煎りでコロンビアを200…

この珈琲は小説になるか

この珈琲は小説になるか

デビューして二十年になる作家の矢吹雄一郎は、デビュー作のことを書いて欲しいという依頼を受けて、その短…

鯛焼きの出前いたします

鯛焼きの出前いたします

片岡義男には、東京の西側、主に世田谷区周辺の私鉄沿線の町を舞台にした短編小説群があります。この作品も…

深煎りでコロンビアを200グラム

深煎りでコロンビアを200グラム

四十七歳の作家、京島裕二が夏のある日、エスカレーターで偶然出会ったのは、旧知のバーのママで、現在はコ…

豆大福と珈琲

豆大福と珈琲

目の前にある豆大福が、いかに美しく静かな佇まいなのか、そしてその味がどれほど自分に衝撃を与えたのかを…

一昨日

一昨日

30歳になったばかりの作家西野恵子は、4歳年上の貝殻一郎というペンネームの作家に誘われて、キャバレー…

投手の姉、捕手の妻

投手の姉、捕手の妻

2008年刊行の短編集「白い指先の小説」の掉尾を飾るこの作品は、作家の北原三枝子が、好きなプラモデル…

冷えた皿のアンディーヴ

冷えた皿のアンディーヴ

この作品が収録されている短編集「白い指先の小説」(2008年)は、小説を書く女性の物語が並びます。こ…

白い指先の小説

白い指先の小説

2008年刊行の短編集「白い指先の小説」の表題作には、小説を書きたいと考える三人の女性が登場します。…

本を買いにいった

本を買いにいった

書く女性をめぐる四つの短編を収録した「白い指先の小説」(2008年)の最初の一編は、大学在学中に俳句…

音楽のきこえる話 ラム・アンド・コカコーラ

音楽のきこえる話 ラム・アンド・コカコーラ

「ラム・アンド・コーラ」はラム酒をコーラで割ったカクテル。音楽自体は1943年当時、トリニダード・ト…

音楽のきこえる話 アメリカン・パトロール

音楽のきこえる話 アメリカン・パトロール

物語の舞台は日本の田舎。小春日和の秋の日の午後、ツーリングの途中で出会った懐かしい木造の校舎から「ア…

音楽のきこえる話 ブラック・コーヒー

音楽のきこえる話 ブラック・コーヒー

華やかになりすぎない程度に美しい花模様の、女性的な感じのするコーヒー・カップが彼女のお気に入りだ。そ…

音楽のきこえる話 サマー・タイム

音楽のきこえる話 サマー・タイム

高級金持ち階級の雰囲気を漂わせるジョンスン夫妻。日課のテニスの送迎を行ったスラッゴーにジョンスン夫妻…

音楽のきこえる話 テネシーワルツ

音楽のきこえる話 テネシーワルツ

南部の小さな町、暑くてかなわない真夏の午後。五人の少年たちは高校の同級生のマーガレットとキスをすると…

音楽のきこえる話 なみだ恋

音楽のきこえる話 なみだ恋

雨が降る盛り場の夜。頰を撫でる風に、雨の香りがあった。黄色いタクシーから一人の若い女性が降りてきた。…

音楽のきこえる話 いとしのレイラ

音楽のきこえる話 いとしのレイラ

1・5トン積みのディーゼル・トラックが高速神奈川1号横羽線を走る。待ったなしの忙しいハードな仕事の中…

秋風と彼女の足もと

秋風と彼女の足もと

2001年6月に刊行された短編集「七月の水玉」の掉尾を飾った、この作品は、それまでの五編で背景として…

これは自分の理想だった

これは自分の理想だった

60年代後半から70年代、大きく変わっていく東京を舞台に、変化や転機の物語を集めたような短編集「七月…

寝室には天窓を

寝室には天窓を

シチュエーションや男女の関係は、短編集「物のかたちのバラッド」所収の『いまはそれどころではない』とほ…

七月の水玉だった

七月の水玉だった

高校三年生のヨシオは、その年の五月に隣家の庭と接する部分に境界のように作られた竹垣を取り外すように両…

写真家がすべてを楽しむ

写真家がすべてを楽しむ

写真家の田島は、高校時代からの付き合いで、ずっとその姿を写真にとり続けている西本恵子の家を訪ねる。空…

彼女が謎だった夏

彼女が謎だった夏

美大の写真科の学生、原田裕介は担当教授に彫刻家の長谷川を紹介される。彼は原田が入学以来3年間、写真を…