VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

懐かしの人気小説はもちろん、ここでしか読めないデジタル書き下ろし「短編小説の航路」シリーズが楽しめる

NEW「短編小説の航路」シリーズ

作品一覧

公開作品 616

ミッキーは谷中で六時三十分

ミッキーは谷中で六時三十分

梅雨の雨上がりの午後、なにかの予感を覚えながら、どこか遠くに行きたいと電車に乗って散歩に出るフリーラ…

黒いニットのタイ

黒いニットのタイ

ライターの西野晴彦は、ビーンという空豆を模したようなカウンターのある、バーのような、しかしそうではな…

蛇の目でお迎え

蛇の目でお迎え

下高井戸の喫茶店で打ち合わせを終えた作家の北荻夏彦は、雨の降る中を階段を下りたところで、コミック作家…

花までの距離

花までの距離

出会って一年経ち、会うたびごとに関係を深めていく男女の様子を、逢瀬ごとに描写していく長編小説です。し…

あの少年の妹

あの少年の妹

一人の女性の、スーパーマーケットで買い物をして、地下鉄に乗らずに二駅を斜めにショートカットするように…

永久緑色

永久緑色

彼女は空手の高位の有段者で、空手のインストラクターを仕事にしている、とても美しい女性。その彼女と知り…

信号を左折する

信号を左折する

男と女が海辺で待ち合わせをして、女の運転で空港に行き、そこでもう一人の女を迎えて、再びステーションワ…

400+400

400+400

オートバイに乗る人たちについての短編小説、と言えばタイトルが意味するものが分かる人も多いでしょう。1…

朝食を作るにあたって

朝食を作るにあたって

ある男が朝目覚めてから、朝食を作るまでのルーティーンについて書かれた物語です。ただ、そのルーティーン…

コーヒー・ブレイク

コーヒー・ブレイク

路地に入る白いセダンに道を譲ったV6のドライバーの男性は、自分が止めた駐車場に、その白いセダンがバッ…

恋物語のたどる道

恋物語のたどる道

雨の夜、電話ボックス、三叉路、このお題で恋愛小説を書くという三題噺の名品のような掌編です。雨の真夜中…

100%コットン

100%コットン

集英社文庫コバルトシリーズの『どうぞお入り 外は雨』に収録された掌編です。少女小説のカテゴリで書かれ…

ドアの遠近法

ドアの遠近法

1年に1枚、LPレコードを発表し、ラジオDJでもある26歳の女性、中島理津子が小説を依頼され、それを…

お砂糖とクリームはお使いになりますか

お砂糖とクリームはお使いになりますか

小説というものは、形になりにくい何かを情景の具体的な描写によって想像の中で形にしてしまう力を持ってい…

これでいくほかないのよ

これでいくほかないのよ

バーの近くのキャバレーが閉店することになって、職を失ったホステスとバンドマン、お互い顔は見知っていて…

金曜日、雨模様、気温8度

金曜日、雨模様、気温8度

起点・終点の駅から3つ西に行った街に住む27歳のフリーライター、上杉邦彦は、そのまま降りればまっすぐ…

寒い季節の恋愛小説

寒い季節の恋愛小説

作家の剣持剛は、京都へ向かう新幹線のグリーン車で、かつて自分の本を担当した編集者であり親友の栗原圭介…

私は泣いています

私は泣いています

彼女が結婚を切り出したら受けようと覚悟を決めていた男性に、彼女は言います。「今年は私たちの結婚の年ね…

あんな薄情なやつ

あんな薄情なやつ

東京に台風が接近中の夜、「コーヒーの店で、ひとときを」と看板に書かれた店の客は、カウンター前が好きな…

なんのために生きるの

なんのために生きるの

三十代後半の男性が二十代後半の女性に結婚しようというような話をしています。男は友人に頼まれて彼女に彼…

柚子味噌を買います

柚子味噌を買います

46歳の作家、池田新平の元に叔父から、名古屋で一人暮らしの母親が入院したという電話を受けることから物…

夜景が見えます

夜景が見えます

駅の東の端、もっとも店が少ない出口から出て、人通りの少ない道を歩き、たどりついた十字路の一角にある四…

エスプレッソ

エスプレッソ

先ごろ短編集を出したばかりの作家、柊甲介氏にインタビューしているライターの吉澤輝久は、70歳を越えて…

銀座化粧

銀座化粧

銀座のガス燈通りにあるグリルで待ち合わせた二人の女性は、「鴛鴦(おしどり)道中」や「裏町人生」といっ…

Cmで低く甘く

Cmで低く甘く

1978年の東京で、軽やかに付き合っているサックスプレイヤーの男女、川原樹里子と前田俊之。都会的なバ…