VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

懐かしの人気小説はもちろん、ここでしか読めないデジタル書き下ろし「短編小説の航路」シリーズが楽しめる

NEW「短編小説の航路」シリーズ

作品一覧

公開作品 619

万能のティー・スプーン

万能のティー・スプーン

 四十五歳の作家、原田浩二朗は、恋人の四十三歳の経済学者、田崎百合子と京都のホテルにいます。午後の時…

髪はいつもうしろに束ねる

髪はいつもうしろに束ねる

 髪をいつも後ろで束ねている彼女、佐野真紀子をその髪型から容貌、身長、体つき、姿勢、服装、声、喋りと…

追憶の紙焼き

追憶の紙焼き

 四十五歳の写真家、君島治郎は写真雑誌から「追憶の紙焼き」というシリーズへの写真と原稿の依頼を受けて…

アイス・キャンディに西瓜そしてココア

アイス・キャンディに西瓜そしてココア

 三十八歳の中田佐知子がひとりでココアを飲んでいる初夏の朝から物語は始まります。彼女は兄夫婦の家にい…

階段を駆け上がっていった

階段を駆け上がっていった

 写真家の高村夏彦は、広告関連の打ち合わせを終えて、駅から続く地上三階の高さにある遊歩道を歩いて、階…

夏の終りとハイボール

夏の終りとハイボール

 三十七歳の田島裕二は独身で夏の終りでした。彼は、時々行きつけのバーで見かける二十七歳の女性、三枝直…

いまそこにいる彼女

いまそこにいる彼女

 女優からテレビタレント、そして作家になった中野玲子と、彼女が三十一歳で、その年の年間最優秀短編賞を…

美少女のそれから

美少女のそれから

 作家の川崎健太郎は同じく作家の北原扶美子とのトークショーのために博多に向かいます。司会の文芸評論家…

雨降りのミロンガ

雨降りのミロンガ

 夏の終りの雨の日、神保町の交差点で横断歩道を渡っていた作家の佐原竜二は、同じ年頃の女性に名前を呼ば…

積乱雲の直径

積乱雲の直径

 作家の西条正彦は、前を歩く女性が、これから向かう家の主であり、彼の元妻であった作家の落合真由美だと…

割れて砕けて裂けて散る

割れて砕けて裂けて散る

 夏の終りと作家についての短編集とも言える「階段を駆け上がる 片岡義男短編小説集」の最後の一本は、作…

雨は降る降る

雨は降る降る

シリーズ短編小説の航路のはじめのころに『餃子ライスにどしゃ降り』というタイトルの作品があり、その後…

「今日は三月十二日です」

「今日は三月十二日です」

ともに四十三歳の宮田陽一郎と松本昭彦が郊外のバーで落ち合い、スコッチを飲みながら会話をしている。ふた…

スルメと空豆ご飯

スルメと空豆ご飯

写真家の木村邦彦は五十歳になったばかりだ。喫茶店で月刊誌の編集者からインタヴューを受けている。「五十…

バスを待つうしろ姿

バスを待つうしろ姿

法学部を出て商社に勤めて三ヶ月の北原亜紀男は、洋食屋のコロッケを食べた昼休みの帰り道、小さなスケッチ…

紙の上に鉛筆の線

紙の上に鉛筆の線

1965年の東京。駆け出しのイラストレーター、立原洋平は25歳。知人の小さな出版社の社長からの仕事を…

後悔を同封します

後悔を同封します

20代からフリーのイラストレーターを仕事として、30歳になる1970年代には挿絵画家として名を馳せ、…

坂の下の焼肉の店

坂の下の焼肉の店

不意にかかってきた電話は、三田村五郎が3歳の時に亡くした母親の幼なじみからでした。杉浦由起子という彼…

都電からいつも見ていた

都電からいつも見ていた

1967年の東京。都電を起点から終点まで乗って出版社に通い、絵を描く仕事をしている中原啓介は、いつも…

もう痛くない彼女

もう痛くない彼女

2005年に刊行された短編集「物のかたちのバラッド」の3本の書き下ろしの内の1本。絵を描く青年が、ど…

いまはそれどころではない

いまはそれどころではない

絵が自在に描ける青年たちと女性と建物の関係を様々な角度から描いた短編集『物のかたちのバラッド』の一編…

孤独をさらに深める

孤独をさらに深める

絵が描けてしまった故に絵を描く仕事についてしまった男と、彼らに関わる女性の姿に関する物語を集めた短編…

当駅北口徒歩三分

当駅北口徒歩三分

52歳で独身の作家椿健太郎は、神保町で食べたタンメンの香りと餃子の味が残っている口をシングル・モルト…

ジャックはここで飲んでいる

ジャックはここで飲んでいる

昼は喫茶店で、夜はお酒も出す店に、作家の小野田直人が一人座っています。そこにイラストレーターの池田雄…

アイスキャンディは小説になるか

アイスキャンディは小説になるか

週刊誌のアンカーや雑誌のコラムなどを書いているライターの橋本哲郎は、その日、三人の編集者に会いました…