VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

評論・エッセイ

作品一覧

公開作品 1038

密造酒に月の明かりが照り映えて

密造酒に月の明かりが照り映えて

一丁のギターがどんなふうに生活のなかの音楽で使われてきたかをたどることによって、アメリカの近代史、現…

バッファロー・ビルとワイルド・ウエスト・ショー

バッファロー・ビルとワイルド・ウエスト・ショー

アメリカのサーカスやカーニヴァルに、ぼくは昔から興味を持っている。資料をすこしずつ集め、ひまなときに…

正義のガンマンが退屈になり、新たな夜が明ける

正義のガンマンが退屈になり、新たな夜が明ける

かつては胸をときめかせて見たはずの、正義のガンマンの活躍が、退屈で正視にたえないものになってしまった…

自己の論理の具現としてのターザン

自己の論理の具現としてのターザン

小学校に入ったころから、高校の二年生くらいまでのおよそ十年間に公開された西部劇のほとんどを、ぼくは観…

少年たちはたしかに映画を観た

少年たちはたしかに映画を観た

映画を観にいくのは、特別なことだった。幼い少年がひとりで映画館に入ってはいけない、と大人たちに言われ…

ペーパーバック・ライターたちとのつきあい

ペーパーバック・ライターたちとのつきあい

ペーパーバックは、「本」というよりもパッケージだ。表紙絵、文字の巧みなレイアウト、宣伝コピー、背をの…

ハロー! 土星の環

ハロー! 土星の環

『動く実験室』という名前の、子供むけの科学雑誌のページの片隅に、ところどころ、小さな四角い広告がのっ…

ガリ版刷りの教科書というものが、あったんだ

ガリ版刷りの教科書というものが、あったんだ

「一冊の本」は、いたるところにある。敗戦の翌々年が小学校一年生になった年だから、ガリ版刷りの教科書な…

彼女が買ってきてくれたヨーグルトに、黄色い小さな花が差してあった日

彼女が買ってきてくれたヨーグルトに、黄色い小さな花が差してあった日

ぼくが高校の二年のときだったかなあ。おなかがすいていた。学校のなかにパン屋さんがあり、そこでカレーパ…

アメリカの安物食料品と、海の幸

アメリカの安物食料品と、海の幸

当時のぼくが置かれていた多少とも特殊な状況のせいでもあるのだろうけれど、小学校のなかばころまで、アメ…

町の生活のなかに「個性」って、あるだろうか

町の生活のなかに「個性」って、あるだろうか

情報化社会において「個性」を問題にするときにうかびあがってくるのは、いろんな商品があふれていて、しか…

リンゴの樹の下で、マーモットが待っている

リンゴの樹の下で、マーモットが待っている

特別にかたちのよい樹ではない。だがやはり堂々としている。幹は大人でもひとかかえにはできない太さだ。ず…

陽ざしがもったいなくて、野原へいってみた

陽ざしがもったいなくて、野原へいってみた

朝の八時ごろに起きた。陽ざしや青い空を見るなり、うわあ、もったいない! と思った。こんな日に家のなか…

秋まつりの音が風にのってくる

秋まつりの音が風にのってくる

九月のはじめから終りにかけて、歩いていける範囲内で秋まつりが五つか六つ、おこなわれる。夜になってから…

ボールポイント・フリークのようになってみたとき

ボールポイント・フリークのようになってみたとき

ペン、つまり万年筆を、ながいあいだつかっていた。あらゆる種類のペンをためして、結局、モンブランの22…

街角のなかのぼく

街角のなかのぼく

白黒のテレビがかなり一般的なものとして家庭に入りはじめたのは一九五六年、五七年ころだった。ぼくは乳の…

テレビ・カメラが見るもの

テレビ・カメラが見るもの

白黒のテレビがかなり一般的なものとして家庭に入りはじめたのは一九五六年、五七年ころだった。ぼくは乳の…

おふくろの味は早稲田にあるんだ

おふくろの味は早稲田にあるんだ

ぼくが、おふくろの味という日本でごく一般的に通用しているものを、まるで信じていないのは、ぼくが気どっ…

はぐれ鳥のプロローグは、エロール・フリンの海賊映画だ

はぐれ鳥のプロローグは、エロール・フリンの海賊映画だ

「故郷」を失ったぼくは、大都会のまんなかに住んでいる。その大都会の一角をいま自分の「故郷」だと呼べる…

メロドラマ

メロドラマ

「乾杯」と、ぼくが言った。微笑して、彼女もグラスをかかげた。気のせいかもしれないが多少ともぎこちなく…

夕焼け小焼けの

夕焼け小焼けの

あたりは、とても静かだった。おそい秋の、よく晴れた一日の夕方だ。畑のなかの道路に、自動車は走っていな…

人生は流線型

人生は流線型

現住所も家も家族も持たず、定職もなく、放浪の旅に必要なほんのわずかな身のまわりのものだけを持ち、ただ…

USハイウエイのマリワナ美人

USハイウエイのマリワナ美人

ハイウエイを西にむけて走っていた。ぼくから見て前方の、いちばん手前にいる自動車は、鮮やかなグリーンの…

ロング・ライダーズは彼方へ走り去る

ロング・ライダーズは彼方へ走り去る

ぼくは子供のころ、西部劇をたくさん観た。だから、西部劇、というとその当時に観た数多くの西部劇が、あい…

一九五〇年代、夢の工場

一九五〇年代、夢の工場

『一九五〇年代の映画スターたちのポートレート』は、いろんな意味で面白い。当時を知っている人たちは、ス…