VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

評論・エッセイ

作品一覧

公開作品 1912

アメリカに生きる彼女たち 一九四九年から始めよう

アメリカに生きる彼女たち 一九四九年から始めよう

 一九五〇年から僕は始めようと思っていた。しかし、その一年前、一九四九年から、始めることにした。一九…

『アメリカに生きる彼女たち』 まえがき

『アメリカに生きる彼女たち』 まえがき

 一九九一年に僕は『シヴォレーで新聞配達』という本を、研究社から刊行することが出来た。それ以前の二年…

万年筆インク紙

万年筆インク紙

「書く」という点に特化した長編文房具評論です。前半は、万年筆を中心にボールポイントペン、鉛筆、ワード…

半分は表紙が目的だった──100冊のペーパーバックスにアメリカを読む

半分は表紙が目的だった──100冊のペーパーバックスにアメリカを読む

 ひとつの部屋がいっぱいにふさがってしまうほどにたくさん、僕はアメリカのペーパーバックスを持っている…

文房具を買いに

文房具を買いに

「万年筆インク紙」が片岡義男による文房具総論だとすると、この本は文房具各論にあたります。モールスキン…

吉永小百合の映画 『キューポラのある街』

吉永小百合の映画 『キューポラのある街』

『キューポラのある街』の少女ジュンの、どんなときにもくじけることなく、常に明るく前向きに元気に頑張る…

吉永小百合の映画 『黒い傷あとのブルース』

吉永小百合の映画 『黒い傷あとのブルース』

夜の波止場で男はなぜトレンチ・コートの襟を立てるのか。襟を立てるとはそこから歩み去ることだ。初めて見…

吉永小百合の映画 『草を刈る娘』

吉永小百合の映画 『草を刈る娘』

夏の終わりの津軽平野、生い茂る夏草、それを刈りに来る村の人たち、そのなかにいるモヨ子と時造。こうした…

吉永小百合の映画 『あいつと私』

吉永小百合の映画 『あいつと私』

「ほんとにやりたいことが見つかるまでは、学生の身分でいたい」と、三郎は言った。すでに書いたとおり、本…

吉永小百合の映画 『太陽は狂ってる』

吉永小百合の映画 『太陽は狂ってる』

東京の平凡な高校生、という設定の役を浜田光夫(光曠)が演じている。ふとしたはずみで新宿のちんぴらの世…

吉永小百合の映画 『闘いつづける男』

吉永小百合の映画 『闘いつづける男』

この映画を、若い二人のボクサーとそれぞれの恋人が主役の物語だと捉えると、これは青春映画だろう。ボクシ…

吉永小百合の映画 『俺は死なないぜ』

吉永小百合の映画 『俺は死なないぜ』

悪人の手下たちによって和田浩治が自動車で拉致されていく途中、悪人の1人が、「もっと速く走れねえのか」…

吉永小百合の映画 『この若さある限り』

吉永小百合の映画 『この若さある限り』

社長令嬢や大学教授の娘といった、経済的に恵まれたお嬢さんの役が、吉永小百合にはなぜか似合わない。令嬢…

吉永小百合の映画 『闇に流れる口笛』

吉永小百合の映画 『闇に流れる口笛』

『闇に流れる口笛』に登場する吉永小百合の髪を見るといい。令嬢という固定観念に基づいて作った髪だから、…

吉永小百合の映画 『青い芽の素顔』

吉永小百合の映画 『青い芽の素顔』

一杯飲み屋のカウンターに座った川地民夫はビールを注文する。何かお召し上がり物は、と訊かれた彼は、チー…

吉永小百合の映画 『有難や節 あゝ有難や有難や』

吉永小百合の映画 『有難や節 あゝ有難や有難や』

『有難や節あゝ有難や有難や』は、1961年の5月に公開された。守屋浩という歌手によってヒットした歌謡…

吉永小百合の映画 『早射ち野郎』

吉永小百合の映画 『早射ち野郎』

医師の娘、美佐の役を吉永小百合は演じている。小さな役で、ストーリーやその展開に対してあたえる影響はほ…

吉永小百合の映画 『警察日記 ブタ箱は満員』

吉永小百合の映画 『警察日記 ブタ箱は満員』

生活に困窮して東京へ集団就職する零細小作農の長女のヨシエという役と、吉永小百合との相性のようなものに…

吉永小百合の映画 『ろくでなし稼業』

吉永小百合の映画 『ろくでなし稼業』

見終わったいまの僕にとってもっとも興味があるのは、1961年の日本の観客はこうした映画のどこを喜んだ…

吉永小百合の映画 『花と娘と白い道』

吉永小百合の映画 『花と娘と白い道』

『花と娘と白い道』は、関係し合う主要な人物たち同士の、気持ちのありかたやその動きあるいは変化などの描…

吉永小百合の映画 『天使が俺を追い駈ける』

吉永小百合の映画 『天使が俺を追い駈ける』

『天使が俺を追い駈ける』では、化粧品会社に勤務するセールスマン役で三木のり平が主演している。彼の会社…

吉永小百合の映画 『大出世物語』

吉永小百合の映画 『大出世物語』

1961年の吉永小百合は日活で16本の作品に出演した。彼女の自伝『夢一途』には「意識や感情が薄れるほ…

吉永小百合の映画 『美しき抵抗』

吉永小百合の映画 『美しき抵抗』

マネーの問題にこの映画は深入りしていない。この問題は追いこんでいくと厄介だ。一つの家庭などあっけなく…

吉永小百合の映画 『ガラスの中の少女』

吉永小百合の映画 『ガラスの中の少女』

「純愛ものの原点となった作品」という市販用のヴィデオの言葉を手がかりにして、この映画を今の僕が解釈す…

吉永小百合の映画 『すべてが狂ってる』

吉永小百合の映画 『すべてが狂ってる』

『すべてが狂ってる』は出来の悪い映画であり、後味は良くない。なによりも強く印象に残るのは、どこと言わ…