片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

片岡義男
全著作電子化計画

やりましょう!その一言で全てが動いた

初めて利用する方へ

注目作品

人気作品

短編小説はどうなっているのか
書評

短編小説はどうなっているのか

 O・ヘンリーというアメリカの作家は、かつては日本ですら知らない人はいなかったほどに、著名な存在だっ…

早稲の田に風はほんとに吹いたか
エッセイ

早稲の田に風はほんとに吹いたか

 高校の三年生になると大学進学に関するさまざまなことが話題になってきていたが、ぼくは大学へいく気など…

死語と遊ぶひととき
エッセイ

死語と遊ぶひととき

 あるひとつの事柄が過去のものとなって身辺から消え去り、その結果としてその事柄に言及されることはめっ…

二本の映画と一杯のコーヒー
エッセイ

二本の映画と一杯のコーヒー

1  ある秋の日の午後おそく。重い灰色に曇った日だった。夕暮れが近づきつつあり、重い灰色の中には、…

生まれてはじめての旅
エッセイ

生まれてはじめての旅

 ぼくは東京生まれだが、子供の頃の十年ほどを、山口県の岩国(いわくに)、そして広島県の呉(くれ)で、…

子供のままの自分
エッセイ

子供のままの自分

 僕はじつは子供のままだ。子供の僕とは、五歳くらいから十七、八歳くらいまでの、十年を少しだけ越える期…

彼のオートバイ、彼女の島
小説

彼のオートバイ、彼女の島

一度目は高原の道で。二度目は共同浴場で。 偶然の出会いが2度あった「彼女」は、 もう無関係な他人では…

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン
エッセイ

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン  ここにはかならずあるはずだ、と見当をつけたところに、…

東京で飲むシードル
エッセイ

東京で飲むシードル

片岡義男がフランスから取り寄せたシードルが4品目6製品、そのラベルが撮影されています。それに、コルク…

幸せは白いTシャツ
小説

幸せは白いTシャツ

20歳の夏。彼女は一人でオートバイに乗って日本中を旅する。ひと夏の経験ではなく、少なくとも1年、でき…

ストーリーは銀行に預金してある
エッセイ

ストーリーは銀行に預金してある

 ドーナツの店のカウンターで、僕はドーナツを食べながらコーヒーを飲んでいた。隣りにすわった男性が話し…

エルヴィスから始まった
評論

エルヴィスから始まった

『エルヴィスから始まった』(『ぼくはプレスリーが大好き』改題)を電子書籍として無償公開しています。縦…

お砂糖とクリームはお使いになりますか
小説

お砂糖とクリームはお使いになりますか

小説というものは、形になりにくい何かを情景の具体的な描写によって想像の中で形にしてしまう力を持ってい…

内房線・館山駅に僕がいる
エッセイ

内房線・館山駅に僕がいる

今回紹介されている写真は一点のみ。しかも写真家の佐藤秀明氏が撮ったものです。しかもタイトルからも分か…

2月2日 メイン・テーマ
エッセイ

2月2日 メイン・テーマ

 1983年の夏の終りに、ぼくは軽井沢で角川春樹氏と久しぶりに会った。ラジオ番組のための楽しい談話の…

カレーライス漂流記
エッセイ

カレーライス漂流記

2016年10月から毎週、1年間に渡って夕刊フジに連載されていたカレーライスを題材にした短い文章をま…

写真を撮っておけばよかった
エッセイ

写真を撮っておけばよかった

過去は巨大な教訓だ。偉大な反省材料だ。教訓も反省も、僕の過去のなかにすら、おそらく無数に存在している…

ケチャップの瓶を逆さに立てる
エッセイ

ケチャップの瓶を逆さに立てる

もっともアメリカらしい食事のしかたについて、ここでぜひとも書いておきたい。 食事の店で四人がテーブ…

スローなブギにしてくれ
小説

スローなブギにしてくれ

オートバイで走ることだけにリアリティを感じている少年と 高2で家出して以来、家に居つかなくなった少女…

平成十一年の五つの安心
エッセイ

平成十一年の五つの安心

 平成十年に日本で首相を務めている人物が、自らを「ヴォキャ貧」であると評したことは、日本にとって記念…

おすすめ作品

友よ、また逢おう
小説

友よ、また逢おう

ビリー・ザ・キッドといえば、アメリカ西部開拓時代のヒーローとして数々の小説や映画……

おすすめポイント

小説・映画のみならず、最近では「Fate/Grand Order」「モンスターストライク」といった人気ゲームのキャラにまでなっているビリー・ザ・キッド。そのビリーの生きた日々を、北米の圧倒的な自然を舞台に描きます。

写真を撮っておけばよかった
エッセイ

写真を撮っておけばよかった

過去は巨大な教訓だ。偉大な反省材料だ。教訓も反省も、僕の過去のなかにすら、おそら……

おすすめポイント

今や誰もがスマホで手軽に写真を撮れる時代。あなたは「ただ なんとなく」写真を撮っていませんか? このエッセイを読むと、シャッターを押す毎に、思わず背筋がピン!と伸びることになるかもしれません。

制作舞台裏|エッセイ集『彼らを書く』――片岡義男が「彼ら」への思いを綴る
メイキング

制作舞台裏|エッセイ集『彼らを書く』――片岡義男が「彼ら」への思いを綴る

2020年4月22日、光文社より『彼らを書く』が発売されます。彼らとはザ・ビート……

おすすめポイント

発売後たちまち重版となった書き下ろしエッセイ集『彼らを書く』。ザ・ビートルズ、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリーの映像作品にフォーカスしたこのエッセイはいかにして生まれたのか? 作家と編集者の軽妙なやりとりをお楽しみください。

なぜ、そんな写真を撮るのか
エッセイ

なぜ、そんな写真を撮るのか

 残暑がついに終わろうとしている、よく晴れた平日の午後、下北沢の喫茶店で僕が落ち……

おすすめポイント

写真は被写体の「現在の姿」を写し撮ります。しかし片岡義男は同時に「経過した時間」を撮っている、といいます。この視点で書き下ろしの「東京を撮る」シリーズを読むと、きっとまた新しい発見があることでしょう。

ジャック・リーチャーを十一冊、積み上げてみる
書評

ジャック・リーチャーを十一冊、積み上げてみる

 リー・チャイルドの作品を十一冊、記念写真に撮ってみた。どれもすべてジャック・リ……

おすすめポイント

リー・チャイルドによる「ジャック・リーチャー」シリーズには、日本でも根強いファンがいます。「癖になって次々に読みたくなる」というこの作品の魅力について、主人公の設定や登場人物の描かれ方などから探ります。

戦争は、写真うつりがいい
書評

戦争は、写真うつりがいい

『アメリカ海軍の戦争写真』というタイトルの写真集を、僕はいま見ている。《真珠湾か……

おすすめポイント

戦争の写真は貴重な歴史の記録であり、後世への教訓であることは言うまでもありません。しかし、一方でどれもが非常にフォトジェニックであるともいえます。それはなぜなのか……。あなたの写真の見方が少し変わるかもしれません。

キャロル・ホルトグリーン
評論

キャロル・ホルトグリーン

この作品は、『日本語の外へ』「第1部 アメリカ──遠近法のなかへ」 ……

おすすめポイント

今も残る男女の役割分担という考え方。かつて米国軍も男女の「性差別」についての問題を抱えていました。米海軍の航空母艦で初の女性戦闘機パイロットの死を巡る物語から、米国での性差別の問題に迫ります。

幸せは白いTシャツ
小説

幸せは白いTシャツ

20歳の夏。彼女は一人でオートバイに乗って日本中を旅する。ひと夏の経験ではなく、……

おすすめポイント

発表当時、掲載された大谷勲さんによる写真とともに男女問わず多くの若者を魅了し、オートバイとツーリングへの関心を駆り立てた1冊。今も多くの人に読み継がれています。

新着作品

あとがきを書いてください
小説

あとがきを書いてください

作家と編集者の雑談が、ゴム飛ばしの話をきっかけにイメージを具体化していきます。同時に、作家はゴム飛ば…

レノン。ディラン。プレスリー
エッセイ

レノン。ディラン。プレスリー

ボブ・ディランの日めくりカレンダー、片岡義男も翻訳に携わった『絵本ジョン・レノンセンス』と、その原書…

豪徳寺・世田谷
エッセイ

豪徳寺・世田谷

この東京を撮るシリーズにも、片岡義男の短編小説にも何度も登場する小田急線の豪徳寺駅から世田谷線山下駅…

テキサス州シュガーランドから届いた
エッセイ

テキサス州シュガーランドから届いた

テキサス州シュガーランドから届いた、多分CDが送られてきたであろうクッション入りの封筒、日本の老舗メ…

やや絞ってあります
エッセイ

やや絞ってあります

今回の3枚の写真は、2020年1月29日の14時13分から23分までの10分間の間に撮影されたもので…

バウンティでメンソレータムにヒット!
エッセイ

バウンティでメンソレータムにヒット!

今回の三題噺は、アメリカ製なのにフランス語のパッケージのキャンディバーの包み紙、昔ながらのメンソレー…

これも三題噺か
エッセイ

これも三題噺か

「東京を撮る」の新展開第二弾は、前回同様の三題噺的な構成ですが、更にひと捻りあります。最初の一枚には…

これは三題噺か
エッセイ

これは三題噺か

経堂の食べ物店の料理サンプルのウィンドーにある「日本のすべて」がある風景。自宅二階のベランダから撮影…

代田2丁目19あたり
エッセイ

代田2丁目19あたり

2019年9月13日の午後に、世田谷代田駅を地上に出て、駅前からかつて片岡義男氏が住んでいた代田2丁…

ささはらおうだんほどうきょう
エッセイ

ささはらおうだんほどうきょう

東京を撮る21で、横断歩道橋を忘れていたことに気がついた流れなのか、今回のテーマは千歳船橋の駅から歩…

夕食までの一時間
エッセイ

夕食までの一時間

2019年8月8日の経堂。駅を出て、夕食の約束のある店までの道のりを撮影して歩いた1時間の記録が、今…

玉川学園から町田へ
エッセイ

玉川学園から町田へ

町田の写真を撮るために、最寄り駅である玉川学園駅へと向かう片岡義男氏は、新しいカメラである富士フイル…

提灯の玉川学園
エッセイ

提灯の玉川学園

2019年の夏、かつて撮影した記憶はあるものの、これまでキチンと向き合っていなかった、提灯のある風景…

世田谷3丁目から東へ、2019年6月21日
エッセイ

世田谷3丁目から東へ、2019年6月21日

これまでのCANONのG1Xマーク2から、富士フィルムのX-E3に18-55のズームレンズという装備…

町田、2019年
エッセイ

町田、2019年

今回の「東京を撮る」は、「東京を撮る16  経堂、2019年」の約二週間後、同じ2019年の6月に町…

経堂、2019年
エッセイ

経堂、2019年

今回の「東京を撮る」は感度調整の機能が故障したらしいフジ・フィルムのX30というデジタルカメラで撮影…

世田谷代田・経堂、2019年
エッセイ

世田谷代田・経堂、2019年

2019年5月の、地下ホームへと移行を済ませた小田急線世田谷代田駅のホームから始まって、かつての商店…

松陰神社前、2018年
エッセイ

松陰神社前、2018年

「東京を撮る」、今回は2018年9月の松陰神社前の風景です。かなり前に、もう一度ここに来て写真を撮る…

町田5、2018年
エッセイ

町田5、2018年

シリーズ第13回、町田編の5回目になる今作は、2018年6月7日15時50分から同日16時37分まで…

パーマの看板
エッセイ

パーマの看板

今回の「東京を撮る」は、これまでの「場所」にフォーカスしたものとは違い、現在の日本で失われようとして…

作品一覧

小 説

蛇の目でお迎え

蛇の目でお迎え

下高井戸の喫茶店で打ち合わせを終えた作家の北荻夏彦は、雨の降る中を階段を下りたところで、コミック作家…

波が呼ぶんだよ

波が呼ぶんだよ

幸雄と貴志。波乗りを何よりも愛する2人は そのあいだに麻衣子、という気になる存在をはさみながらも 常…

いまから一〇〇年あと

いまから一〇〇年あと

女が営む店の名前はウェンディ。 ビーチボーイズのナンバーから取られている。 いちばん大切な存在だった…

ハイビスカス・ジャム

ハイビスカス・ジャム

片岡義男の小説のアクションの中には、いくつかの強靭な定型がある。 この小説もその1つを踏襲している。…

港町しぐれた

港町しぐれた

女と男がいて、別れが生じようとしている。 よくある話だ。別れは時に、唐突に訪れる。 別れ話、とは言う…

彼のお気にいり

彼のお気にいり

オートバイで走る、ということによってしか 知りえない人の魅力、というものがあるのだろう。 男は前を走…

人魚はクールにグッドバイ

人魚はクールにグッドバイ

アメリカのショービズの世界ならいざしらず 日本の芸能界、という所はいささか特殊で まさに偶像としての…

オレンジ・ペコ、午前八時

オレンジ・ペコ、午前八時

ユミコ、という女性の名前はありふれているが、 漢字で表記すればいくつもの種類がある。 自分と同じ発音…

ときには星の下で眠る

ときには星の下で眠る

夏のイメージが強い片岡義男の小説にあって この物語は明確に秋を舞台としている。 「時には星の下で眠る…

翔びなさい、と星が言う

翔びなさい、と星が言う

ティーン向けのレーベルであるコバルト文庫に収録された一編。 冒頭、朝の新宿駅のシーンに象徴されるよう…

味噌汁は朝のブルース

味噌汁は朝のブルース

ロクでもない男、と言ってもいいかもしれない。 販売促進課に勤めるサラリーマンだ。 片岡義男の小説の多…

1963年、土曜日、午後

1963年、土曜日、午後

片岡義男の短編小説では、男女の出会いは路上で起きる。 それが再会、としての出会いであれば しかも完璧…

雨の伝説

雨の伝説

雨の日のほうが多く、通称“レインメーカー・アイランド”と呼ばれるポリネシアの島。広い場所が好きで、た…

高原のティー・タイム

高原のティー・タイム

小説においては、このような物語も可能なのか? そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。 …

ハッピー・エンディング

ハッピー・エンディング

映画を小説で実行した、という構えを持つ短編。 図体の大きい、目立ちすぎる車をまず登場させ、 そこで女…

白い町

白い町

会話と拳銃だけで構成された、シンプル極まりない短編。 いや、その2つの前に、大前提として白い町がある…

ラジオが泣いた夜

ラジオが泣いた夜

クールで、どこか情緒的。 タイトルを見て、そんなイメージが先行したら 相当に無残な結果になるはずだ。…

至近距離

至近距離

片岡義男の全作品中でも、 おそらく最もストレートで、待ったなしの一編だろう。 沖縄を思わせる場所で、…

花が濡れてます

花が濡れてます

予兆は冒頭のシーンから漂っている。 その後、房総の自然の中を、物語が進んでいくうち いつしか忘れそう…

俺を起こして、さよならと言った

俺を起こして、さよならと言った

クラブのホステスとサラリーマンの客。 ありふれた組み合わせだが、 それが片岡義男の短編の登場人物であ…

小説一覧へ

エッセイ

ナポリタンのウィンドー・サンプルを探す旅

ナポリタンのウィンドー・サンプルを探す旅

ナポリタンのウィンドー・サンプルを探す旅  ずっと以前にアメリカで食べたス…

東京で飲むシードル

東京で飲むシードル

片岡義男がフランスから取り寄せたシードルが4品目6製品、そのラベルが撮影されてい…

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン

沈んでいく日本、浮かび上がるナポリタン  ここにはかならずあるはずだ、と見…

内房線・館山駅に僕がいる

内房線・館山駅に僕がいる

今回紹介されている写真は一点のみ。しかも写真家の佐藤秀明氏が撮ったものです。しか…

ケチャップの瓶を逆さに立てる

ケチャップの瓶を逆さに立てる

もっともアメリカらしい食事のしかたについて、ここでぜひとも書いておきたい。 食…

あとがき(リンク版)

あとがき(リンク版)

「ぼくは〈あとがき〉を書くのが大好き。〈あとがき〉を考えると次回作への期待とアイ…

町田4、2018年

町田4、2018年

階段を上がる。なじみの喫茶店。冒頭の描写に対応するように、写真にも階段が多く映し…

彼の後輪が滑った

彼の後輪が滑った

 オートバイに触発された十四篇の短文集。春の風に散る桜の花びらから、ノートン・コ…

オン・ロード

オン・ロード

 道路は、たしかに、きわめて日常的で陳腐な光景だ。  だが、ひとたびオートバイ…

女王陛下|アビーロードのB面

女王陛下|アビーロードのB面

 彼女はその日の午後、郵便局へ行った。オフィスの郵便物を出すためだ。窓口には数人…

万年筆で書く

万年筆で書く

 文章の原稿をかつて僕は原稿用紙に万年筆で手書きしていた。その期間は延べ三十五年…

アメリカはここからがもっとも面白い

アメリカはここからがもっとも面白い

 かつてのアメリカがいかに途方もなく桁はずれに豊かであったかを体感するひとつの有…

御八つ、お三時、三時ですよ

御八つ、お三時、三時ですよ

 こうしてスパゲッティ・ナポリタンを初めて体験してからの僕が、なにかと言えば店で…

なんでも好きなものを食べたまえ

なんでも好きなものを食べたまえ

 僕にとっての日本はオキュパイド・ジャパン、つまり占領下の日本だった。一九四五年…

八巻美恵さんと篠原恒木さん

八巻美恵さんと篠原恒木さん

八巻美恵さんと篠原恒木さんという、片岡義男の旧知の編集者二人による、「写真を撮る…

かあちゃん、腹へったよう

かあちゃん、腹へったよう

 日本におけるケチャップの運命をたどるとき、立ち寄らずにすませることのできないも…

小麦をどう食べるか

小麦をどう食べるか

 パスタは、小麦をどう食べるかという、人類にほぼ共通の普遍的な課題への、ひとまず…

さらに届いた三枚の写真

さらに届いた三枚の写真

東京を撮る45『八巻さんから届いた写真』に続いて、今回も編集者八巻美恵さんが小豆…

元帥とイタリア風のスパゲッティ

元帥とイタリア風のスパゲッティ

 一九四五年(昭和二十年)八月三十日、日本を占領する連合軍の総司令官、ダグラス・…

八巻美恵さんから届いた写真

八巻美恵さんから届いた写真

「東京を撮る」45回目はタイトル通り、片岡義男の旧知の編集者である八巻美恵さんか…

エッセイ一覧へ

書 評

髪や肌の色がちがえば、性的エネルギーのありかたも大きく異なってくる、という物語

髪や肌の色がちがえば、性的エネルギーのありかたも大きく異なってくる、という物語

『シンデレラ・リバティ』そして『さらば、冬のカモメ』という映画を記憶しているだろ…

彼は二十一歳、ヘア・クリームでなでつけたDAは栗色に輝いていた

彼は二十一歳、ヘア・クリームでなでつけたDAは栗色に輝いていた

 エルヴィス・プレスリーのファンにとって、『エルヴィス'56』という写真集は、も…

『タランチュラ』あとがき

『タランチュラ』あとがき

 ボブ・ディランの『タランチュラ』は、難解である、とよく言われているが、けっして…

言葉のなかだけにある日本をさまよう

言葉のなかだけにある日本をさまよう

 オールタイム、という日本語を文字どおりに解釈するなら、文庫のオールタイム・ベス…

「ザ・コンプリート ピーナッツ」

「ザ・コンプリート ピーナッツ」

 チャールズ・M・シュルツがその生涯にわたって描き続けた『ピーナッツ』という新聞…

ふたとおりの恐怖がやがてひとつになる

ふたとおりの恐怖がやがてひとつになる

〈書評〉東京大空襲・戦災資料センター監修 山辺昌彦・井上祐子…

知らなかった東京が浮かび出てくる

知らなかった東京が浮かび出てくる

〈書評〉佐藤洋一著『米軍が見た東京1945秋  終わりの風…

姿を隠したままの存在に気づこう

姿を隠したままの存在に気づこう

〈書評〉朝日新聞出版編『復刻アサヒグラフ昭和二十年  日本…

戦争は、写真うつりがいい

戦争は、写真うつりがいい

『アメリカ海軍の戦争写真』というタイトルの写真集を、僕はいま見ている。《真珠湾か…

英文字は急速に日本語になりつつある

英文字は急速に日本語になりつつある

〈書評〉キャサリン・A・クラフト著 里中哲彦編訳『日本人の9…

モカを飲んだらその歴史も知ろう

モカを飲んだらその歴史も知ろう

〈書評〉旦部幸博著『珈琲の世界史』  日が少しだけ長く…

消えた東京はゼニ・カネのために消えた

消えた東京はゼニ・カネのために消えた

〈書評〉富岡畦草、富岡三智子、鵜澤碧美著『変貌する都市の記録…

食事も酒も論理でつながれている

食事も酒も論理でつながれている

〈書評〉石田千著『箸もてば』  題名の『箸もてば』とは…

人生を自分で考えるための材料集

人生を自分で考えるための材料集

〈書評〉竹信三恵子著『正社員消滅』  当時の私は「正社…

バブルは消えたのか、目の前にあるのか

バブルは消えたのか、目の前にあるのか

〈書評〉永野健二著『バブル 日本迷走の原点 1980—198…

映画には「消えた東京」が残っている

映画には「消えた東京」が残っている

〈書評〉宮崎祐治著『東京映画地図』  ひとりの読者とし…

読まなくても本質に触れた気持ち

読まなくても本質に触れた気持ち

〈書評〉岸本佐知子、三浦しをん、吉田篤弘、吉田浩美著『「罪と…

巨匠と名優の軌跡の合流を読む幸せ

巨匠と名優の軌跡の合流を読む幸せ

〈書評〉グレン・フランクル著 高見浩訳『捜索者  西部劇の…

自己啓発本が前提としているもの

自己啓発本が前提としているもの

〈書評〉牧野智和著『日常に侵入する自己啓発  生き方・手帳…

ポテトでアメリカ文化が手に入る幸福

ポテトでアメリカ文化が手に入る幸福

〈書評〉マーナ・デイヴィス著 伊丹十三訳『ポテト・ブック』復…

書評一覧へ

評 論

通訳は位置についたか

通訳は位置についたか

 早くも十年は前のことになるかと思うが、G5会議の様子が報道されるのを、僕はアメ…

対話をしない人

対話をしない人

 自分専用の固い枠の内側に守られ、そのかぎりにおいて安心して存在していることの出…

ほんの一瞬がポートレートとして後世に残る

ほんの一瞬がポートレートとして後世に残る

 リチャード・フォードの『ワイルドライフ』は買ってあった。探したらすぐに見つかっ…

1957年のラブ・ミー・テンダー

1957年のラブ・ミー・テンダー

 下北沢のあの映画館の名称をついに思い出した。下北沢映画劇場だ。かつての下北沢駅…

エルヴィスから始まった

エルヴィスから始まった

『エルヴィスから始まった』(『ぼくはプレスリーが大好き』改題)を電子書籍として無…

チェックアウトはいつでも出来る

チェックアウトはいつでも出来る

 一九七一年にリンダ・ロンシュタットのバンドとして彼女とツアーに出ていたとき、自…

幸せと才能の関係の物語

幸せと才能の関係の物語

「ハリーだってよ」  と自分が言ったのを、いまでも僕は覚えている。レコード店の…

What's he got to say?

What's he got to say?

 No Direction Homeは二〇〇五年にマーティン・スコセッシのコピー…

世界はただひとつ

世界はただひとつ

 太平洋でのアメリカとの戦争をめぐって、もう戦争は終わりにしようと言う一派と、徹…

『東京五人男』一九四五年(昭和二十年)

『東京五人男』一九四五年(昭和二十年)

〔監督〕斎藤寅次郎〔出演〕古川緑波・横山エンタツ・花菱アチャコ/東宝  一…

『ハナ子さん』一九四三年(昭和十八年)

『ハナ子さん』一九四三年(昭和十八年)

『ハナ子さん』 一九四三年(昭和十八年)二月公開/東宝作品/モノクロ/72分/…

『さようならの季節』

『さようならの季節』

一九六二年一月/日活〔監督〕滝沢英輔〔出演〕浜田光夫・香月美奈子 他 『さよう…

『上を向いて歩こう』

『上を向いて歩こう』

一九六二年三月/日活〔監督〕舛田利雄〔出演〕坂本九・浜田光夫 他  中村八大の…

僕の国は畑に出来た穴だった

僕の国は畑に出来た穴だった

この作品は、『日本語の外へ』「第2部 日本語──ペシミズムを越えよう…

ヴァージニア・ケリーの死

ヴァージニア・ケリーの死

この作品は、『日本語の外へ』「第1部 アメリカ──遠近法のなかへ」 …

ヒラリー・ロダム

ヒラリー・ロダム

この作品は、『日本語の外へ』「第1部 アメリカ──遠近法のなかへ」 …

ラディカルさの筋道

ラディカルさの筋道

この作品は、『日本語の外へ』「第1部 アメリカ──遠近法のなかへ」 …

アメリカ国内文脈ではなく、世界文脈の英語を

アメリカ国内文脈ではなく、世界文脈の英語を

この作品は、『日本語の外へ』「第2部 日本語──世界とは母国語の外の…

現実のしがらみと「私」

現実のしがらみと「私」

この作品は、『日本語の外へ』「第2部 日本語──世界とは母国語の外の…

頭のなかが日本語のままの英語

頭のなかが日本語のままの英語

この作品は、『日本語の外へ』「第2部 日本語──世界とは母国語の外の…

評論一覧へ

会員について

片岡義男.comは、(株)ボイジャーが運営しています。
どなたでもご利用になれますが、制限なく作品を閲覧するには、有料の会員登録が必要です。

新規会員登録はこちら 新規会員登録はこちら

片岡義男.com -作家- 片岡義男 全著作電子化計画公式サイト

デジタルなら何でもできる 
そう言われて何にもできなかった
技術がやれることじゃない 
人間が向き合ってやることなんだ
ひとりの作家と手を組もう 
きっとこの積み重ねが未来の扉だ
ボイジャーは、デジタル出版の使命として
この仕事に取り組んでいます

片岡義男プロフィール