片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

愛は真夏の砂浜

高校時代の思い出がうっかり顔を出す。彼女はそれを覚えていないのか?彼は白状するのか?

高校の同級生だった西条美樹子に、作家になった倉田明彦が仕事を頼みます。美樹子は絵描きであり、かつて倉田は美樹子の絵の才能を目の当たりにして、絵の道を諦めたという過去があります。それ以上に、美樹子や同級生たちと過ごした、博多の海の思い出が倉田にはクッキリと残っています。もう30も半ばの年齢になって、しかし、まだ残る博多の海の思い出は、美樹子と話している最中にも、うっかり顔を出し、当然のように、彼女に何かあると気がつかれます。彼女はそれを覚えていないのか、彼は白状するのか、片岡流リドルストーリーの趣の物語です。

底本:『この冬の私はあの蜜柑だ』講談社 2015年11月
初出:「IN THE CiTY」2012 Summer issue Vol.6 Sea Of Love

  • #夏
  • #東京
  • #ボール
  • #夢
  • #石鹼
  • #コーヒー
  • #喫茶店
  • #戦後
  • #スロープ
  • #海
  • #海岸
  • #真夏
  • #笑顔
  • #電車
  • #風
  • #駅
  • #ヒール
  • #三日月
  • #シャワー
  • #水着
  • #各駅停車
  • #かき氷
  • #バー
  • #シャツ
  • #映画
  • #封筒
  • #下北沢
  • #高校
  • #商店街
  • #田舎
  • #味噌
  • #渋谷
  • #砂浜
  • #アイスクリーム
  • #サンダル
  • #新宿
  • #法学部
  • #西瓜
  • #深煎り
  • #旅
  • #波
  • #絵葉書
  • #ジーンズ
  • #転居
  • #博多
  • #俳句
  • #四季
  • #自転車
  • #携帯電話
  • #私立大学
  • #豆
  • #ハンドル
  • #アイスキャンディー
  • #葡萄
  • #代々木上原
  • #講談社
  • #キー
  • #2015年
  • #居酒屋
  • #コーヒー・カップ
  • #アニメーション
  • #ブレンド
  • #飲み屋
  • #芋
  • #麦
  • #この冬の私はあの蜜柑だ
  • #京王線
  • #西条美樹子
  • #倉田明彦
  • #美樹子
  • #番号
  • #メール・アドレス
  • #美大
  • #進学
  • #相談
  • #商学部
  • #倉本雅之
  • #画材店
  • #松並木
  • #稲作
  • #稲
  • #サーフ・パンツ
  • #氷ぜんざい
  • #氷白玉
  • #お駄賃
  • #グレープ
  • #松の木
  • #レターパック
  • #郵便ポスト
  • #芋焼酎
  • #松尾芭蕉
  • #奥の細道
  • #木造住宅
  • #密集地域
  • #モクミツ
  • #モクミツ地帯
  • #おでん屋
  • #焼き鳥屋
  • #もつ煮
  • #合わせ味噌
このエントリーをはてなブックマークに追加