片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

広島の真珠

 半年だけと期間を区切って、日本のTV各局のニュース番組を録画で可能なかぎり見た、という体験を僕は持っている。TVを見ない僕にとっては、体験と呼ぶにふさわしい出来事だった。TVという経路ごしに、視聴者という不特定多数に向けて、ニュースがどのように語られているかを知るためだ。
 日本のTVのニュース番組には、ふたとおりが存在していることを僕は知った。紋切り型という類型と、内輪の話という類型の、ふたとおりだ。用意された原稿をカメラに向かってひとりで読むだけの場合でも、すべては紋切り型で処理される。紋切り型の言葉が連なった結果…

底本:『坊やはこうして作家になる』水魚書房 2000年

このエントリーをはてなブックマークに追加