VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

チャタヌーガ・チューチュー

 朝のまだ早い時間なのに、居間はもう暑かった。陽がさしこんだりはしないのだが、むっとするような空気がこもっている。
 新聞を持った徳一は、居間からキチンへ歩いた。
 キチンは北側にあり、この小さな家のなかでは、たいていの場合、いちばん涼しい。
 テーブルから窓辺に椅子を持っていった徳一は、新聞を椅子に置き、クッキング・レンジへ歩いた。朝の起きぬけにわかして何杯も飲むコーヒーの残りを、レンジにかけなおし、熱くした。
 熱くなるのを待つあいだ、北側の窓へ徳一は歩き、外をながめた。
底本:『アップル・サイダーと彼女』角川文庫 1979年

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆関連リンク

真珠湾攻撃
動画:当時のカラー映像をもとにした日本のドキュメンタリーの一部です。[12/7 6:30追加:閲覧注意]