片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

読売新聞、金曜日夕刊

1  義
 自分の名前にある義という字について。男のこが生まれたらヨシオにしよう、と父親は考えていたが、彼は漢字のまったく書けない日系二世で、音声としてのヨシオを好いていただけだ。漢字をみつくろったのは母親だ。ヨシオのヨシは選ぶまでもなく義だった、という意見を子供の頃に聞かされた。君に忠、父母に孝の時代での、忠と孝とのどこか中間あたりに位置していたのが義だったろう、といまの僕は思う。
 義の字を用いる言葉を、思いつくままにあげてみよう。正義。義理。仁義。義憤。義侠心。義兄弟。義歯。どれもいたって真面目ではな…

底本:『読売新聞』2014年4月25日〜2016年3月25日 毎月最終金曜日夕刊に連載

このエントリーをはてなブックマークに追加