片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

あのトースターの謎を解く

 一九五十年代のなかばに自宅で使っていたトースターを、解けないままに残ったひとつの小さな謎として、いま僕は思い出している。アメリカ製であったことは間違いない。確かサンビームという会社のものだったと思う。本体の両端に底と一体となってついていた黒い持ち手に、ひと目でそれとわかる書体で、Sunbeamと書いてあったような気がする。
 ステインレスだっただろうか、それとも鉄にメッキだろうか。無塗装の光った本体は、計算のいき届いた、きれいな立方体だった。その立方体ぶりを、おなじくきれいな曲線と曲面が、ほどよく中和していた。底や持ち…

このエントリーをはてなブックマークに追加