片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

デリア・エフロンの二冊の本が描く、アメリカの子供の世界

 デリア・エフロンの二冊目が出た。今度のタイトルは『ティーンエイジ・ロマンス』という。アメリカでは一九八二年九月に書店にならんだのだが、ぼくは十一月になってから東京で手に入れた。
 デリア・エフロンの一冊目である『まるで子供のような食べかた』が出たのは、一九七七年だった。書評はどれもみな大好評で、読者たちにも大いに好まれ、ベストセラーになった。
 いかにもアメリカの子供らしい言動を日常生活のさまざまなエリアのなかからみつけ出してきて、気のきいたみじかい文章でまとめていったのが、『まるで子供のような食べかた』…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『自分を語るアメリカ』太田出版 1995年
『ブックストアで待ちあわせ』新潮社 1983年所収

このエントリーをはてなブックマークに追加