片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

女性ボディビルダーの魅力を支える、苦しみの個人史

 アメリカの女性ボディビルダーたちのヴィデオ・テープをぼくは見たことがある。何人かのフィーメイル・ボディビルダーたちが画面に登場し、自分とボディビルディングとの関係について、まず手みじかに語る。
 理想の状態に近づくための、途切れることのない前進ですとか、ほんとうの自分を発見するためのボディとマインドのぴったりとかさなりあったトリップですとか、あるいは、舞踊や芝居とおなじく自分の肉体を使っておこなうパフォーミング・アートですとか、それぞれに語っていく。
 語り口調はいかにもアメリカ女性であり、そのへんにいく…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『自分を語るアメリカ』太田出版 1995年
『ブックストアで待ちあわせ』新潮文庫 1987年所収

このエントリーをはてなブックマークに追加