アイキャッチ画像

人生に成功したければ、言葉を勉強したまえ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 人生に成功をおさめるためにぜったいに欠かせない最大の条件は言葉に習熟することだ、という伝統的な考え方が、アメリカにはある。この考え方は、いまでもつづいている。

 たとえば、ハーバード大学のビジネス・スクール(経営大学院)を出た人というと、アメリカではエリートになる可能性がもっとも高い人たちのうちに入るのだが、ハーバード・ビジネススクールで学んだことがあなたにあたえたさまざまな影響のなかで、最大のそしてもっとも大切なものはなにだと思うかと、友人たちにきいてみると、ほぼ全員が、
「自分の考えていることを他人にむかって明晰に表現する能力をしっかりと身につけたことだ」
と、こたえてくれる。

 ハーバード・ビジネス・スクールにかぎらず、東部の名門の大学でしっかりと猛勉強をしてきたアメリカ人の友人たちも、大学の勉強ぜんたいをとおして自分が得た最大のものは、言葉を使う能力を高度に身につけ、大学を出てからもずっと勉強をつづけていくための強固な土台をそれによって自分のものにしたことだ、とこたえてくれる。

 出世したり成功をおさめたり、トップに立つエリートになったりしたければ、アメリカで生きる場合まず最初にやらなくてはいけないのは、言葉の勉強なのだ。

いろんな分野でトップの位置にある人たち、あるいはトップにむけて確実にのぼっていきつつある人たちと知り合ってまず最初にぼくが感心するのは、自分の考えていることを外にむけて表現するときの言語使用能力の次元がきわめて高くて深く、しかもそのことの基礎が非常にちゃんとしているということだ。

 アメリカはたいへんな階層社会だが、トップに近ければ近いほど言語使用能力が高度な次元のものになっていく。そして、主として街角で知り合う低い階層の人たちは、気の毒になってしまうほどに幼稚な、次元の低い言語能力しか持っていないことが、すぐに、そして、はっきりと、わかる。

 中間的な階層の人たち、あるいは中の下くらいの階層の人たちのなかには、もっと上へのぼっていきたいのになかなかのぼっていけず、うっ屈した思いを自分の内部にじっと閉じこめているような人たちが多いが、彼らも、これでは上昇はまず無理だなと思えるような言葉の使い方をしている。

 アメリカ社会はいろんな文化からの移民で構成されている。ことなった歴史や文化の背景を持った人たちを自分の国のなかに受け入れることに関して、一般的に言ってアメリカは非常に寛容的だが、言葉の使い方の習熟度の次元を高めないことには、アメリカのほんとうの内部へはぜったいに入っていけない。英語がとくに話せなくてもアメリカ市民として一生食っていくことはできるけれども、それはただ単にそれだけのことであり、アメリカの核心に接近することはできない。

 人生に成功して高い水準の生活を楽しみたければまず言葉を勉強しなさい、という伝統のあるアメリカでは、すこしだけ極端に言うと、勉強とはまず言葉の勉強なのだ。

 日本とアメリカとでは、すくなくとも一般的な現場では、言葉に対する認識がかなりちがっているように、ぼくは感じる。

 日本では、日本語は誰もが成長の過程のなかでまるで空気を呼吸するのとおなじように、いつのまにか自然に身につけるもののように思われている。言葉の勉強というと熟語をまちがいなく書けたり誤字脱字がないとか、敬語の使い方が正しくできる、というような次元にとどまることが多いようだ。ビジネスの世界でも、言葉の使用能力の習熟度よりも、人の和とかじっと我慢する能力などのほうが高く評価されるようだ。

 アメリカだと、事情はすこしちがってくる。言葉をいかに高度に駆使しうるか、その能力のあるなしが、成功をきめる最重要な分かれめとなっている。しかも、ビジネスの世界への参加時にすでに相当に高次元の言語能力を持っていないと、たとえば就職すらおぼつかない。

 なぜこんなに言語能力が重要であるかというと、人間という知性体にとって、言葉は、ものを考えそれを表現していくにあたってのもっとも有効な経路であり手段であるという認識が、徹底しているからだ。

 人間はものを考えるが、考えるときには言葉によって考えている。言葉がなかったら、人間なにも考えられない。ということは、見方を逆にしてみると、言葉を高い次元で使える人ほど、ものを考えるときの考え方の広さや深さあるいは高さが、より大きくなっていくわけだ。

 こうして言葉で考えたことをこんどは人にむかって表現するとき、あるいは人の考え方を言葉によって自分がうけとめるとき、言葉に習熟していればいるほど、より高度で複雑な表現や理解が可能になっていく。トップにむかって歩んでいきたいと思っても、これができなくてはどうにもならない。言葉がしっかりしていれば、考えることも、そして、表現や理解も、しっかりしてくる。これが、成功へのもっとも近い道、というわけなのだ。

 言葉がまだそれほどしっかりしていない人、あるいは自分の言語使用能力にまだなんとなく自信のない人たちのために、自分でお勉強するためのセルフ・ヘルプの本が、アメリカではたくさん出ている。

 ペーパーバックで安くしかも簡単に手に入り、内容的にも興味深いものを何冊か紹介しておこう。日本の言葉の勉強の本は、多くの場合、文学的なかたむきを持ってしまうようだが、アメリカのこういった本は、実用的な効果に徹していて、そのぶんだけ勉強の気分は爽快だ。

 ノーマン・ルイスの本やウィルフレッド・ファンクの本は、ぼく自身にとっても、なつかしい。ルイスのほうは1949年、ファンクのほうは1953年にそれぞれ初版が出た。その後、何度も改訂が加えられ、現在でもヴォキャビュラリー・ビルダーとしての定評を保ちつづけている。

 ぼくは、この2冊を、高校生のときに、くりかえし勉強した。

 学習法は、どちらもよく工夫されている。言葉の実際の機能にもとづいた学習法だから、よく身につくし、学ぶこと自体楽しくもあるというしかけになっている。この2冊をいちおう学びおえたとき、学びはじめるまえの自分とはまったく別の人になったようなうれしい実感を持ったことを、ぼくはいまでも記憶している。

 ノーマン・ルイスやウィルフレッド・ファンクたちの定本のほかに、『インスタント・ヴォキャビュラリー』とか『より良きヴォキャビュラリーのつくり方』のような類似の本が、数多くある。どれもみな、内容はよく工夫してある。

『オール・アバウト・ワーズ』は言葉の百科事典のようなつくりになっている。いろんな言葉の由来や本来の正確な意味、正しい使い方などが、説明してある。ふだんあいまいに使っている言葉が、くっきりとした輪郭を持ってきて、たのしい。

『ワード・プレイ』は、言葉の機能論のような本だ。イリノイ大学の新入生を対象に、わずか30語だが単語の試験をし、何年もたってから実社会での彼らの追跡調査をしてみたら、人生の成功度は入学時のヴォキャビュラリー・テストの成績とぴったり呼応していたという、おそろしい話が書いてある。単語試験の成績がよくなかった人は、人生においてもまた、点数が低いのだそうだ。

『コレクト・スペリング』と『スペラー/ディヴァイダー』は、単語のつづりをまちがえなくするための本だ。正しいスペリングができるということがどれだけ自分自身への自信につながってくるか、切実な体験のない人には、わからないだろうけれど。

(『ブックストアで待ちあわせ』1987年所収)


『ブックストアで待ちあわせ』 アメリカ 勉強 書く 片岡義男エッセイ・コレクション『自分を語るアメリカ』 英語 言葉 話す 読む
2015年11月11日 05:30
サポータ募集中