片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

基本英単語について

 太平洋戦争中の日本が、アメリカによる日本の本土への爆撃を初めて体験したのは、一九四二年四月十八日のことだった。真珠湾攻撃から半年後だ。
 航空母艦に爆撃機を積んで日本へ接近し、飛行甲板から爆撃機を飛び立たせて東京を爆撃し、そのまま中国大陸へと飛行してそこの飛行場に着陸する、という計画だった。ジェームズ・ハロルド・ドゥーリトル中佐が率いて指揮した。アメリカ陸軍のB−25ミッチェルという爆撃機十六機によって、この計画のとおりに爆撃は実行された。
 この計画が生まれた頃のアメリカには、B−18、B−23、B−2…

底本:『坊やはこうして作家になる』水魚書房 2000年

このエントリーをはてなブックマークに追加