アイキャッチ画像

その重荷を背負う|アビーロードのB面

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 彼はひとりで町を歩いていた。彼のすぐ前をふたりの男性が歩いていた。彼らは親しい友人どうしのようだった。彼とおなじような年齢、そしておなじような服装だった。

 ふたりの会話が、すぐうしろから歩いていく彼に、断片的に聞こえた。

「そりゃあ、大変だ。きみはその重荷を、背負っていかなきゃいけないんだね」

 ふたりのうちのひとりが、もうひとりに対して、そう言った。そして、ほとんどおなじ言葉をくりかえした。

「大変だよ、その重荷をきみはこれから背負っていくんだから」

底本:『アール・グレイから始まる日』角川文庫 1991年


今日のリンク:Golden Slumbers / Carry That Weight / The End|動画
アビィーロード

シリーズ・エッセイ|アビーロードのB面|

7月2日|僕はきみが欲しい


6月27日|陽が射してきた


6月28日|なぜなら


7月3日|いつも代金を払わない男


7月4日|サン・キング


7月5日|ミスター・マスタード


7月6日|パムとはパミラのことか


7月8日|彼女は浴室の窓から入って来た


7月9日|ゴールデン・スランバーズ


7月13日|その重荷を背負う


7月15日|The End


7月16日|女王陛下


1969年 1991年 アビィ・ロード アビーロードのB面 アール・グレイから始まる日 キャリー・ザット・ウェイト ビートルズ 友人 男性 角川文庫 重荷
2016年7月13日 05:30
サポータ募集中