片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

トマトにおけるファンタジーという日常

 トマトの原産地は南アメリカだという。そこからイタリアにもたらされたのは十六世紀のことだった。西暦一五〇〇年代だ。コロンブスがバハマ諸島に到着したのは一四九二年だった。きっとあるはずの新大陸に向けて、スペインから数多くの帆船が航海に出ていく時代を開いた人たちの象徴的な存在がコロンブスだ。スペインから新大陸に向けて船で向かった人たちは、中南米、西インド諸島、南米に到達し、そこにあった文明を破壊し、金や銀などを略奪した。スペイン人のエルナン・コルテスがアステカ帝国を征服したのは一五二一年だ。こうした人たちが南アメリカから持ち帰ったもののひ…

底本:『ナポリへの道』東京書籍 2008年

このエントリーをはてなブックマークに追加