VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

トリップ・カウンター・ブルースだってよ


 エンジンをかけるため、路面が硬くて平坦なところへ、バイクを押し出していく。サイドスタンドをあげたとたんに、バイクの重さを全身に感じる。すさまじい重さだ。
 かすかなダウングレードを、うしろむきに降りていく。生ゴムのグリップをとおして、ハンドル・バーを握った両手に、バイクの重さのすべてを受けとめる。うれしいような、こわいような、不思議な気持だ。おそらく、こわいのだろう。
 フロント・ブレーキでとめて切りかえすとき、燃料タンクの中のガソリンが、音をたてる。小さな波がひとつ砕けたような、かわい…

『アップル・サイダーと彼女』角川文庫 1979年

このエントリーをはてなブックマークに追加