片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

波乗りとは、最終的には、心の状態だ

 ヨーロッパ文明と接触する以前の、大昔のハワイ人たちは、文字を持っていなかった。だから、すべてのことが、喋る言葉によって、伝えられていった。
 ハワイ諸島の創世伝説とか、昔のキングに関する記録のような言い伝えとか、さまざまな内容のことが、口づてにいまでも残っている。もっとも、いまでは、昔のハワイ語の音が、英文字による音に置きかえられてはいるけれど。
 大昔から伝わるハワイのロ承の中には、サーフィンに関するものも、たくさんある。丹念に読んでいくと、昔のハワイでの人々の生活の中に波乗りがどんなふうに密接にからん…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『僕が書いたあの島』太田出版 1995年

このエントリーをはてなブックマークに追加