片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

察し合いはいかに変形したか

 思いやり、という言葉が日本で死語になる日が来るだろうか、と僕は自問する。思いやりという言葉はとっくに死語になっている、と僕は答える。思いやりとは、なにか。思いをやることだ。自分の思いを、他者にやること。やるとは、おこなう、ではないような気がする。あげる、進呈する、というほうの意味だろう。他者に向けて思いを延ばす、と解釈すればいいのではないか。自分の思いを他者に向けて延長させること、それが思いやりだ。
 他者に向けて延びる自分の思いとは、なにだろうか。これはかなり難しい。理解する方法のひとつとして、同義語をひとつ見つけて…

底本:『坊やはこうして作家になる』水魚書房 2000年

このエントリーをはてなブックマークに追加