片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

性悪説でいこうか

 監視カメラの設置される場所が急速に増えている。集合住宅のエレヴェーターとその周辺、商店街や歓楽街のあちこち、ATM、コンビニ、駅や空港、駐車場など、それぞれの管理者が、そこを利用する人たちの安全や安心、あるいは防犯のために設置している。
 こうした場所は誰もが等しく利用する公共の場所や施設だ。公共ではなくとも、不特定多数の人たちの、必要に応じた自由な出入りや利用を前提とした場所だ。誰にとってもそこは生活の現場だ。家庭や仕事の場所とおなじく、人々にとってなくてはならない重要な場所だ。
 生活の現場という帰属…

底本:『自分と自分以外──戦後60年と今』NHKブックス 2004年

  • #日本
  • #2004年
  • #個人
  • #自由
  • #価値観
  • #駅
  • #犯罪
  • #社会
  • #NHKブックス
  • #自分と自分以外──戦後60年と今
  • #コンビニ
  • #スーパー
  • #商店街
  • #文化
  • #感情
  • #エレヴェーター
  • #空港
  • #駐車場
  • #集合住宅
  • #不特定多数
  • #攻撃
  • #アクション
  • #NHKブックス
  • #ATM
  • #プライバシー
  • #主権国家
  • #公共
  • #国境
  • #安全
  • #安心
  • #性善説
  • #性悪説
  • #情緒
  • #意志
  • #歓楽街
  • #治安
  • #無防備
  • #生活の現場
  • #監視カメラ
  • #破壊
  • #言語
  • #防犯
  • #領土
  • #2004年
このエントリーをはてなブックマークに追加