片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

四歳の子供がそれを見た

 
   

 二〇〇二年のひときわ暑かった夏に、三〇〔写真・右〕そして三一ページ〔同左〕*にある光景を、僕は写真に撮った。さかのぼること半世紀以上、一九四四年、僕が東京の目白で四歳の子供だった頃、乳母に手を引かれた毎日の散歩の途中に見た住宅地の光景と、半世紀を越える年月をへだてつつも、この二ページの光景は完璧に同一だ。根本的になんら変化していない、まったくおなじ質のままの光景だ。それは東京の住宅地のなかにあり、東京の謎はそこにある。
 東京が轟々と音を立てて動いているなら、その…

底本:『ホームタウン東京──どこにもない故郷を探す』ちくま文庫 2003年

このエントリーをはてなブックマークに追加