片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

万年筆についての文章

 原稿料のともなう文章を、僕は大学生の頃から書き始めた。原稿料がともなう文章とは、この場合は、商業的に出版されている雑誌に書く、という意味だ。
 そのような文章には、当然のことだが、締切りがある。なにを書くにしても、そのための時間は限定されている。指定された文字数の文章を、一定の期間内に書かなくてはならない。
 大学を卒業してからも、書く作業は続いていった。二十代のなかばの僕は、いまの言葉で言うなら、フリーランスのライターを仕事にしていた。固い意志や明確な目的のもとに、そうなったのではない。自然の成りゆきで…

底本:『坊やはこうして作家になる』水魚書房 2000年

  • #ウエイトレス
  • #アメリカ
  • #手帳
  • #文房具
  • #東京
  • #2000年
  • #坊やはこうして作家になる
  • #オリンピック
  • #ドイツ
  • #喫茶店
  • #大学
  • #日本
  • #水魚書房
  • #経済
  • #美人
  • #高度成長
  • #ライター
  • #出版社
  • #原稿
  • #文章
  • #雑誌
  • #出版
  • #大学生
  • #卒業
  • #鉛筆
  • #お茶
  • #ボールペン
  • #専門
  • #フリーランス
  • #ウェイトレス
  • #神保町
  • #カラス
  • #灰皿
  • #ライダー
  • #雑文書き
  • #書く
  • #万年筆
  • #ポケット・ナイフ
  • #原稿用紙
  • #インク
  • #ペン先
  • #22
  • #カタログ
  • #ガラス
  • #パーカー
  • #ペリカン750
  • #モンブラン
  • #原稿料
  • #古矢
  • #商業的
  • #専門技能者
  • #急坂
  • #技能者
  • #文字数
  • #普及品
  • #東京オリンピック
  • #枡目
  • #活字メディア
  • #瓶
  • #筆圧
  • #筆記具
  • #通販
  • #通販カタログ
  • #金ペン堂
  • #雑誌ライター
  • #雜文業
  • #駿河台下
このエントリーをはてなブックマークに追加