アイキャッチ画像

歴史上、初めてコーヒーを飲んだ日本人はいったいどこの誰か

縦書きで読む

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

初のコーヒーは出島にやってきた

 日本で最初にコーヒーを飲んだ人はどんな人だったのか。その人が初めてのコーヒーを飲んだのは、どのような状況だったのか。

 こんなことをふと思ったのは、いまから30年くらい前、午後のコーヒーをひとりで飲んでいたときのことだ。

 それからの30年のあいだに僕がしたのは、ごく平凡な想像だけだった。そのごく平凡な想像によれば、日本の人が最初にコーヒーを飲んだのは、徳川幕府の時代だろう、ということだった。17世紀のなかばあたりか。

 場所は長崎にきまっている、と僕は思った。

 長崎の出島ではオランダとの交易が幕府の許可のもとにおこなわれていた。日本との交易の事務に使うためのオランダのオフィスのような建物が、出島にはあったはずだ。

 そこで仕事をしていたオランダの人たちと常に接していた日本の人たちのなかに、通訳のような役を果たしていた人たちがいた。当時の言葉で彼らは通弁あるいは通詞と呼ばれていた。

 いまから三百数十年前、17世紀のなかばのある日、出島にあったオランダの人たちのオフィスで、コーヒーというものを飲んでみないか、と彼らは誘われたのだ、と僕は想像する。

 何人もの通弁たちが誘われ、大きなテーブルを囲んだ、とは考えにくい。何人もの通弁たちを、コーヒーのためにわざわざ招待したりはしないだろう。

 と同時に、何人かいたはずの通弁たちのなかから、ひとりだけを選んでコーヒーを飲ませた、とも思えない。コーヒーを勧められたのは、ふたりの通弁ではなかったか、と僕の想像は過去のなかで前方へと広がっていく。

 長崎の出島にあったオランダの人たちのオフィスは、たとえば歴史年表のなかでは、オランダ商館、と呼ばれている。だから僕も、オフィスなどとは言わずに、商館と呼ぶことにしよう。

 なんらかの仕事でオランダ商館へ出向いていた日本の通弁ふたりが、仕事が終わって帰りぎわ、コーヒーというものを飲んでみないか、とオランダの人たちに誘われた。ひとりは20代の終わりに近い年齢の男性、そしてもうひとりは、30代の後半だったのではないか、などと僕は想像する。

日本人が初めてコーヒーを飲んだ日

 『珈琲のことば』(箕輪邦雄・著/平凡社/2016年)のなかに、「珈琲とカフェ文化の歴史」と題した年表が掲載されている。

 その年表のなかに、1640年頃の出来事として、「オランダ人が長崎出島に設立されたオランダ商館で初めて一部の日本人にコーヒーを供する」という記載がある。

 僕の平凡な想像はほぼ当たっていた。1640年頃は17世紀のなかばではないか。

 コーヒーというものを飲んでみないかと日本人に勧めたのは、日本との交易の仕事で日本に来ていたオランダ人だったし、コーヒーを勧められたのは「一部の日本人」だったという。その「一部の日本人」の最初は、たったいま書いたとおり、僕の想像では、ふたりの通弁だった。

 オランダ人たちに勧められて飲んだ初めてのコーヒーに対して、彼らはどのような印象を抱いたのか。

 僕の想像はさらに展開する。ここでは想像するしかないからだ。

 その日は梅雨に入ったばかりの雨の日だった。頭にすげ笠をかぶり、肩から下を蓑でくるむようにして、ふたりの通弁たちは雨のなかを帰っていった。

 年かさの男性のほうは、目まいがするような不快感と、周期的に襲ってくる頭痛とを、しきりに訴えた。

 若いほうの通弁は、それまで体験したことのなかったような、妙に高揚した気持ちと、その反対に、なんら思い当たる理由のない不安定な気持ちの両方を感じていたし、そのちょうど中間には、心理的に遠くまで見通すことの可能なような、きわめて冷静な状態をも、感じていた。その冷静さのなかで、彼は年かさの同僚を気づかいながら、雨のなかを歩いた。

『新版日本史年表』(歴史学研究会・編/岩波書店/1984年)の1609年のところに、「オランダ人、平戸に商館を建設」という記載がある。この平戸の商館が出島に移されたのは、1641年のことだった。日本におけるオランダ商館の歴史は、このときまでですでに30年を越える歴史を持っていた。

 日本人が最初に出島でコーヒーを飲んだのは、仮に1643年のことだった、としておこうか。なぜなら、「珈琲とカフェ文化の歴史」の年表の1640年のところに、「オランダの貿易商がヨーロッパで初めてコーヒーを輸入する」という記載があるからだ。

 中東から初めてオランダに届いたコーヒー豆が、日本にも届くまでに、少なくとも2年くらいはかかるのではないか、と僕は想像する。

初めてミルクを入れたのはオランダ人

 オスマン・トルコによってコンスタンティノープルにコーヒーが持ち込まれたのは1517年のことだった。

 世界で最初の喫茶店が開店したのは、このコンスタンティノープルで、それは1554年のことだった。豆が届いてから喫茶店が開店するまでに、じつに37年もの時間を必要とした。

 コーヒー豆がヴェネチアに伝わったのは1615年のことだったそうだ。コンスタンティノープルからヴェネチアへ届くまでに、コーヒー豆には100年という時間が必要だった。

 そのヴェネチアに喫茶店が出来たのは1645年のことだ。豆が届いてから喫茶店の開店まで、ここでは30年かかっている。コーヒー豆がマルセイユに届いたのは、ヴェネチアよりも1年だけ早い、1644年だった。

 エチオピアに野生していたコーヒーの木から、放牧の山羊たちが豆を食べては、妙に元気にはねまわるのを見ていた山羊飼いの男性が、自分でもコーヒーの豆を食べてみたのが、人とコーヒーの関係の始まりだった、と伝えられている。

 その山羊飼いの男性の名は、カルディだったという。

 コーヒー豆がエチオピアからアラビア半島に伝えられたのは、10世紀から11世紀にかけてのことだったという。コーヒー豆から抽出した液体が医療に使われていた、という記録が西暦1000年頃のアラビアにあるそうだ。

 1300年頃までは、コーヒーは秘薬だった。『シャーリー旅行記』という1601年の本のなかには、コーヒーがCoffe(コッフェ)と表記されている、と『珈琲のことば』のなかの年表は伝えている。

 長崎の出島で、日本人が日本人として最初のコーヒーを飲んでからじつに200年以上が経過した1858年、幕府はコーヒー豆の正式な輸入を開始した。商品としてのコーヒー豆がオランダから日本に届いたのは、その2年前のことだった。コーヒー豆の正式な輸入開始から10年後の1868年に、江戸は東京と改称された。

 その東京でいま喫茶店に入ると、砂糖とミルクはお使いになりますか、と店の人に訊かれることがある。どちらも使わない人が多くなっているのだろうか。使わない人には出す必要はない、したがって前もって訊いたほうがいい、ということなのだろう。

 コーヒーに砂糖を入れて甘くしたのを人々が最初に飲んだのは1625年のことで、その場所はカイロだったという。

 ではコーヒーにミルクを入れた最初の例は、いつだったか。中国に駐在していたオランダの大使が、中国でお茶にミルクを入れる風習をコーヒーに応用したのが、1660年の出来事だったという。

 2017年のいまから見て、350年以上前に、一杯のコーヒーに初めてミルクが入ったのだ。そして砂糖は、そのミルクよりも、35年早かった。

出典:『現代ビジネス』講談社 2017年5月21日
表紙:Photo by iStock


オランダ人 コーヒー 喫茶店 長崎
2018年11月5日 00:00