VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

20年以上前の館山駅で撮影された写真に映りこんでいたものとは?

ある日、一枚の写真が届いた
 A4のコピー用紙にカラー・プリントしてある。ごくカジュアルなプリントだ。しかしデジタルの写真ではなく、もとはカラーのリヴァーサル・フィルムで撮った写真なのだということは、見たとたんにわかる。なぜそんなことが、見たとたんに、わかるのか。なにを根拠にして、僕はそんなことを言うのか。自らにそんなことを問いながら、僕はなおもそのプリントのなかの、日本の景色を眺める。
 写真家の佐藤秀明さんが送ってくれたプリントだ。彼からこのようなプリントが予告なしに届くとき、そのプリントのなかの景色は…

『現代ビジネス』講談社 2017年6月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加