片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

サブカルチャーの教祖と呼ばれた男が自宅に常備していた物とは?

書斎でくつろぐ植草甚一
 本のページに印刷された六センチ四方ほどの大きさのカラー写真をいま僕は四倍のルーペで見ている。その写真の被写体は植草甚一さんだ。
 植草さんはスーツにタイを締め黒い靴下を履いて座椅子の座布団にあぐらをかいている。座椅子の背に右の肘を置き、左腕の肘から先を座り机の縁に置いている。かなり気楽な姿勢だ。撮影された時間は夜だったのではないか。
 座椅子からはみ出した座布団の下に三分の一ほどかくれて、雑誌『ワンダーランド』が一冊、カーペットの上に置いてある。出来たばかりの頃の創刊…

底本:『現代ビジネス』講談社 2017年8月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加