片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

ハネムーナーズ・カクテル

 広い庭の隅に車を斜めにとめ、ぼくは車の外に出た。庭に面したテラスのデッキ・チェアにすわって彼は新聞を読んでいた。新聞をひざにおろし、片手で銀縁の眼鏡をはずし、彼はぼくのほうに顔をむけた。
 しわの深くきざまれた、陽に焼けた彼の顔に、柔和な微笑が広がった。七十歳をすでにいくつもこえている日系の二世だ。
 庭を横切って彼のいるテラスへ歩いていくぼくに、
「ちょうどよかった。電話しようと思ったとこだよ」
 と、彼は言った。
 ぼくはテラスにあがり、小さな丸いテーブルをは…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『僕が書いたあの島』太田出版 1995年
『ターザンが教えてくれた』角川文庫 1982年所収

このエントリーをはてなブックマークに追加