片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

見られることから始まる

 僕はTVを見ない。誰かほかの人がオンにしたTVの画面をふと見るのが、僕にとっての日本のTVのすべてだ。つい先日、ふと見た画面は、奇妙に面白い体験だった。
 整然とした最先端の会社オフィス、という設定の場所を、ひとりの若い女性が、ヒールの音も高らかに、すまして歩いてくる。仕事の時間のスーツを彼女は着ている。ファイルを二、三冊、胸にかかえている。背すじをのばして胸を張り、ショルダー・パッドの入った肩幅も凜々しく、彼女はオフィス空間のなかをどこへともなく歩いていく。
 若く美しい、仕事の出来るカリーア・ウーマン…

底本:『アール・グレイから始まる日』角川文庫 1991年

このエントリーをはてなブックマークに追加