片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

こうして覚えた日本語

 漢字の口(くち)という字は、子供の僕にとっては、ひとつの小さな四角だった。四角い一区画、つまりワン・ブロックだ。この認識は片仮名のロ(ろ)に対しても、まったくおなじようにあてはまった。この口というワン・ブロックのまんなかに、横に向けて一本の直線を端から端まで引くと、見てのとおり口というワン・ブロックは上下ふたつに分かれて、トゥーブロックスとなる。二区画だ。そしてこれは日という字であり、その意味はディなのだという。ワン・ブロックが口であり、それを上下二つに区切ってトゥー・ブロックスにしただけで、口は日となる。そして意味上の堅密な連関は…

底本:『自分と自分以外──戦後60年と今』NHKブックス 2004年

  • #日本語
  • #2004年
  • #子供
  • #読む
  • #片仮名
  • #NHKブックス
  • #自分と自分以外──戦後60年と今
  • #カタカナ
  • #漢字
  • #勉強
  • #言葉
  • #抽象化
  • #脈絡
  • #ロ
  • #ワン・ブロック
  • #口
  • #呪文
  • #四角
  • #少年時代
  • #日
  • #水田
  • #水田耕作
  • #田
  • #田んぼ
  • #目
  • #魔法
  • #魔法のおまじない
  • #NHKブックス
  • #2004年
このエントリーをはてなブックマークに追加