片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

わたしの片岡義男

No.15|渡部幻「Back to 1981」

 「片岡義男」との最初の遭遇はよくおぼえている。 1981年の『海まで100マイル』(晶文社)。横型の小ぶりな美しい本で、親の本棚に見つけた。白のペンキで塗装された背の低い自家製の本棚。その一番上の棚に表紙をこちら側に向けてもの静かに置かれていた。まだ11歳の僕は、表紙の写真に見惚れていた。雲ひとつない青空、白い波が横切る海と砂浜、サーフボードを脇に抱えた男性が左に向かって歩いている。写真は佐藤秀明、文を片岡義男とあった。それからというもの、この本を家のあちこちで見かけるようになった。仕事机の上、鏡台の横、枕元、キッチン⋯⋯肩掛けバッ…

  • #本
  • #夏
  • #アメリカ
  • #男性
  • #少年
  • #日本語
  • #写真
  • #文章
  • #海
  • #男
  • #表紙
  • #晶文社
  • #本棚
  • #太陽
  • #映画
  • #山
  • #畑
  • #音楽
  • #主題歌
  • #渋谷
  • #映画評
  • #砂浜
  • #監督
  • #青い空
  • #ハイウェイ
  • #台本
  • #ハイウエイ
  • #雲
  • #翻訳
  • #レコード
  • #プレゼント
  • #波
  • #サーフボード
  • #インタビュー
  • #キッチン
  • #大平原
  • #カンザス州
  • #親
  • #雨嵐
  • #雷鳴
  • #インタヴュー
  • #土地
  • #アメリカ映画
  • #秘書
  • #青空
  • #地平線
  • #クリス・クリストファーソン
  • #ヴィム・ヴェンダース
  • #パック
  • #大地
  • #キネマ旬報
  • #スピリット
  • #中毒
  • #ラリー・マクマートリー
  • #ダイナー
  • #水蒸気
  • #淀川長治
  • #農業国
  • #佐藤秀明
  • #断絶
  • #ロードショー
  • #年末
  • #バック
  • #古本屋
  • #スティーヴン・スピルバーグ
  • #激突
  • #大久保賢一
  • #ウォーレン・オーツ
  • #サム・ペキンパー
  • #モンテ・ヘルマン
  • #パリ、テキサス
  • #バックナンバー
  • #渡部幻
  • #わたし(だけ)の片岡義男
  • #依頼
  • #海まで100マイル
  • #白のペンキ
  • #仕事机
  • #鏡台
  • #枕元
  • #肩掛けバッグ
  • #バッグ
  • #コンボイ特集号
  • #映画中毒
  • #恵比寿
  • #明治通り
  • #パテ書房
  • #サブカルチュア
  • #キネ旬
  • #コンボイ
  • #特集号
  • #渋谷パンテオン
  • #トラック野郎
  • #CB無線
  • #C.W.マッコール
  • #ドーナッツ盤
  • #サム・ペキンパー監督
  • #ケイティ・ペーパー
  • #批評
  • #台本翻訳
  • #オープニング
  • #同特集号
  • #翻訳台本
  • #アリ・マッグロー
  • #ハイウェイ・システム
  • #自由な走り方
  • #激突!
  • #神経症的
  • #スリラー映画
  • #彼女は『ラスト・ショー』の町に生きる
  • #彼女はラスト・ショーの町に生きる
  • #荒野より。
  • #立風書房
  • #ロンサム・カーボーイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連作品