VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

信号待ち

 夏の残り香の最後の部分が、今夜のうちはまだある。しかし、明日になれば、もうどこにも見あたらないのではないか。と、ふと思ったりする、そんな夜だ。
 夜は更けていた。午前二時を、すぎている。夜の底の、いちばん低い部分だ。
 この時間になると、夏の残り香がすこしでもあるあいだは、時間に粘りのようなものが、できてくる。
 そして、その粘りのために、時間の進行していくスピードが、すこしだけだが、おそくなるような気がする。
 秋になってしまうと、これがなくなる。夜の時間はさらさらとしていて…

『ターザンが教えてくれた』角川文庫 1982年

このエントリーをはてなブックマークに追加