嫌なことからは逃げる
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
逃げながら、しかし迂回していても、いつか問題には直面します。その逃げる過程がまた物語を生むのです。
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「町で見つけた小さな謎」や「日本国内でのほんのちょっとした旅」といった連載を雑誌に書いている主人公。その「書く」という行為が日常になっている男の行動をそのまま物語にしたような作品です。何をするにも「考える→動く」というスタイルが習い性となっている「物書き」という職業についての物語と言ってもいいかも知れません。その生き方をまっとうするための、最も大切なことが「嫌なことからは逃げる」ことなのでしょう。逃げながら、しかし迂回していても、いつか問題には直面します。その逃げる過程がまた物語を生むのです。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。