アイキャッチ画像

クリスマスと五人の娘たち

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 ある年のクリスマス近く、アメリカのまんなかあたりにある中くらいの町にぼくはいました。町の百貨店は、クリスマスのショッパーたちでにぎわっていました。カードの売場で色とりどりのクリスマス・カードをながめていたぼくに、カードを買いにきた五十代後半の落ち着いた品のある女性が、ぼくに話しかけてきました。友人や知人に送るカードをたくさん選びながら、今年のクリスマスにも、五人いる娘たち全員がこの町にある家に帰ってくるのだと、じつにうれしそうに、幸福感を充満させて、彼女はぼくに語ってくれたのです。

 五人の娘たちは西海岸および東海岸にそれぞれ独立して住んでいて、みんな飛行機で帰ってくるというのです。あの広い大陸の、西と東の両端から、母親似の美しい五人の娘たちがまんなかの町をめざして飛行機で飛んでくる様子について思うのは、ぼくにとっても興味深いことでした。五人の娘たちの名をあげ、彼女たちがどこでなにをやっているのか、その母親はぼくに説明してくれました。五人の名前を、いまでもぼくは覚えています。どうしてるかなあと、ふと思います。五人の名前、そして彼女たちの母親の顔を思い浮かべつつ、メリー・クリスマス、とぼくは言います。

(初出:『きみを愛するトースト』1989年所収、底本:片岡義男エッセイ・コレクション『「彼女」はグッド・デザイン』1996年所収)


1989年 1996年 『きみを愛するトースト』 アメリカ クリスマス 片岡義男エッセイ・コレクション『「彼女」はグッド・デザイン』
2015年12月23日 05:30
サポータ募集中