アイキャッチ画像

男だって子供を生まない

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 いまの日本の社会が持っているはっきりした傾向のひとつとして、出生率の低下をあげることが出来るという。子供を生まない人たちが増えていて、しかもその傾向はこれからさらに強まっていくのだそうだ。

 子供を生まない女性が増えているのはけしからん、と怒っている人たちがいる。支配層的な立場を獲得している、年齢の高い男性たちに多い。女性たちの学歴が必要以上に高くなったから彼女たちは子供を生まなくなったのだ、などと彼らは言う。子供を生んで育てることよりも、仕事を中心にした自己中心的な趣味の生活に憂き身をやつしているから子供など面倒くさくなって生まないのだ、などとも彼らは言う。子孫の数は増やすべきだ、と彼らは口をそろえる。

 自分の体のなかに子供を宿すことが出来るのは、たしかに女性たちだけだ。しかし、彼女たちが子供を宿すためには、男性の同意や協力、あるいは決意のようなものが必要だ。子供を作るのは、男性と女性との共同の作業だ。女性だけが、子供を生んだり生まなかったりするのではない。

 出生率の低下は、男女の協力の結果だ。生まないでおきましょう、という意見の一致をみたふたりは、自分たちの方針にしたがって、子供を生まずにいる。子供は生まないでおきましょうという態度を採択し、それを守っている男女が、日本全国で増えつつある。だからこそ出生率は低下していく。

 ひと組の男女が、自分たちの子供をこの世に生み出そうとするときのきっかけや理由は、ほとんどの場合、きわめて個人的なものだ。愛する男性を相手に、彼とそっくりな男の子を生み、その子供を自分の好みに染めながら育ててみたい、というような私的な感情が支配する世界だ。子孫の数を増やすために、あるいは、日本の労働人口を減らさないために、さらには、国力を低下させないために、などと思って子供を作る人たちは、すくなくともいまは皆無だと言っていい。

 ではなぜ、彼らはいま子供を生まないのだろうか。自分たちがいまその身を置いている社会が、子供を生んで育てるという複雑でデリケートな作業に、とてもではないがまったくふさわしくないという判断を下しているからだ。防衛的な本能が明確に働いている例だと、私は思う。子供の身にふりかかってくるはずの、現在よりさらに酷い状況を、子供を生まないでおくことによって間接的に避けようとする、相当に追いつめられた必死の防衛だ。極大は地球をとりまく環境から、極小は生まれてきた子供がかようはずの小学校の教育システムまで、いいことはなにひとつない社会だ。生まないでおくという判断は、この上なく正しい。

(『アール・グレイから始まる日』1991年所収)


1991年 『アール・グレイから始まる日』 女性 子供 日本 男女 男性 社会 関係
2015年10月19日 14:28
サポータ募集中