VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

特 集

未ログイン時には閲覧時間制限がございます。ご了承ください。

【連載企画】世界地図の歩き方

【連載企画】世界地図の歩き方

2020年10月14日 00:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆著者紹介

佐藤秀明(さとうひであき)
佐藤秀明(さとうひであき)

写真家。日本写真家協会会員。
1943年、新潟県三条燕市生まれ。日本大学芸術学部卒業。1967年ニューヨークへの旅を振り出しに世界を旅し、雑誌グラフ紙を中心に作品を発表。主な写真集:『ガクの冒険』『地球極限の町』『海まで100マイル』『世界貿易センター』『グラウンド・ゼロ』『ユーコン』『ノースショア 1970~1980』『雨のくに』『多摩川』『川物語』『伝説のハワイ』『秘境マルケサス諸島』 『LONESOME COWBOY』。他多数。

◆推薦文

片岡義男
片岡義男

体を張る――読む人は幸せだ
写真家の佐藤秀明さんとのつきあいは四十五年になる。僕にとっては写真のお師匠さんであることを越えて、人生全般にかかわるガイディング・ライトだ。暗い夜道を照らしてくれる導きの光だ。その光は、写真を撮るために、世界じゅうを旅している。旅をするとは、体を張ることだ。友人たちをまじえた夕食の席でのふとした隙間のような時間に、世界のとんでもないところで体験したことを佐藤節としか言いようのない語り口で、ひとくさり語って聞かせてくれる。これがどれもみな、素晴らしく面白い。僕はすべての話を覚えているが、僕ひとりだけのものにしてそのまま、というのはひどく残念だ。佐藤さんは文章も書く。どの話をも、いま一度、文章にしたらどうか、その文章に写真を添えて、ボイジャーのサイトで連載してはどうか。このアイディアに佐藤さんは賛成した。だからいま、この連載がある。読む人は幸せだ。

◆ 最新刊(2021/9/24公開)

第34回『イヌイットの村 滞在記』
第34回『イヌイットの村 滞在記』

カナダ、バフィン島のアークティック・ベイ村の話。冬はマイナス40度、仕事にならない。夏は大工や電気工事の技師などがどっとくる。ホテルも満杯。北極では、季節によって狩猟で獲れるものが違う。チャーと呼ばれる北極イワナの季節はひたすらイワナを食べる。脂がのったチャーはイヌイットの貴重なタンパク源。狂ったようにチャーを獲る。一匹のチャーを真ん中に家族全員で祈ることは忘れてはいない。
→この作品を読む

◆ 予告|今後の公開作品

第35回『楽園考古学』
第35回『楽園考古学』

海洋民族ポリネシア人はどこからきたか? どんな方法で、タヒチやマルケサス、イースター島など、広大な太平洋の島々へ渡ったか? コンチキ号のハイエルダールは南米からと言った。いや、それは無理。インドネシアあたりが起源というのが定説になっていてる。ポリネシア考古学の第一人者、篠遠喜彦(しのとうよしひこ)博士。荒俣 宏は博士をジャパニーズ・インディージョーンズに例える。危険な目にもあい、南海の島々を発掘して歩いた。