VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

記憶を撮る 2 朝から聞こえる笛太鼓

これは写真に撮らなければいけない、と僕の神経は反射的に反応した。地元である下北沢一番街の飾り看板アーチ。この写真の背景には、僕の体験の蓄積のぜんたいが、確実に存在する。今回のこの景色だけを僕は写真に撮ったのではなく、商店街としての下北沢の記憶のすべてを、僕はこの写真で撮ったのだ。

『日本カメラ』二〇〇六年二月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連作品