VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

桜の花びらひとつ

短編小説集「豆大福と珈琲」の最後に収録された、この作品は『豆大福と珈琲』『深煎りでコロンビアを200グラム』『鯛焼きの出前いたします』『この珈琲は小説になるか』の四つの物語全体のまとめのような役割を担うと、作中の片岡義男が言います。そういう仕掛けなので、上記の順番で読むことをお勧めします。町の記憶が珈琲の中に収束していきます。

初出:『豆大福と珈琲』朝日新聞出版 二〇一六年

このエントリーをはてなブックマークに追加