VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

この珈琲は小説になるか

デビューして二十年になる作家の矢吹雄一郎は、デビュー作のことを書いて欲しいという依頼を受けて、その短編小説のためのメモを書いた神保町のミロンガに向かいます。さらに当時の担当編集者に連れられて、その頃行きつけだったバーにいた女性がやっている西荻窪の喫茶店へ。懐かしい胡瓜のサンドイッチを食べながら、矢吹は珈琲を見つめます。

初出:『豆大福と珈琲』朝日新聞出版 二〇一六年

このエントリーをはてなブックマークに追加