VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

鯛焼きの出前いたします

片岡義男には、東京の西側、主に世田谷区周辺の私鉄沿線の町を舞台にした短編小説群があります。この作品も、私鉄沿線の町で生まれ育った同級生の男女が、同じ町で仕事に就いて生活している様子が具体的に描かれます。都会とは一味違う東京生まれの生活者の物語。「鯛焼きの孤独」など多くの短編で重要な役割を果たす鯛焼きが、ここでも物語の中心に居ます。

初出:『豆大福と珈琲』朝日新聞出版 二〇一六年

このエントリーをはてなブックマークに追加