VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

深煎りでコロンビアを200グラム

四十七歳の作家、京島裕二が夏のある日、エスカレーターで偶然出会ったのは、旧知のバーのママで、現在はコーヒーショップを営む同い年の雨宮美砂子でした。この短編小説は、京島が美砂子の店で買う、深煎りのコロンビア200gの真空パックのことを小説として書くことになる、その顛末についての物語です。

『豆大福と珈琲』朝日新聞出版 二〇一六年
初出:『小説トリッパー』二〇一六年春季号

このエントリーをはてなブックマークに追加