VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

子供をテーマにした写真集

『アメリカの子供たち』というタイトルの写真集を見て、こんなふうに子供をテーマにした写真とはいったいなになのだろうかと興味がわいてくる。子供を被写体にした写真には、早くからふたつの流派、考え方があったようだ。ひとつは、おおざっぱに言うと社会派、そしてもうひとつは、これもおおざっぱに言って審美派だ。

片岡義男エッセイ・コレクション『なぜ写真集が好きか』太田出版 一九九五年

このエントリーをはてなブックマークに追加