VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

書評

ぼくのストーリー術は灰皿から始まる

作家は小説を書くとき、どんなところから入っていくのか……タイトルか、依頼内容か、登場人物か。作品のヒントはどこにあるのか。ストーリーはいつ、どのように作られるのか。人物設定はどう決めるのか。作家・片岡義男の「ストーリー術」が語られる。

『片岡義男〔本読み〕術・私生活の充実』(シリーズ「日常術」)晶文社 一九八七年
片岡義男エッセイ・コレクション『本を読む人』太田出版 一九九五年に所収

このエントリーをはてなブックマークに追加