片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

書評

彼は二十一歳、ヘア・クリームでなでつけたDAは栗色に輝いていた

 エルヴィス・プレスリーのファンにとって、『エルヴィス'56』という写真集は、もっとも貴重な本ではないだろうか。アルフレッド・ワートハイマーというフォト・ジャーナリストが撮った写真および文章で構成されている本だ。
 一九五六年の秋、RCAのポップ・パブリシティ部にたくさん集めてあったエルヴィスのさまざまな写真は、パーカー大佐のリクエストにより、一枚のこさずすべて大佐の手もとに渡ったという。この時点からエルヴィスの死にいたるまで、エルヴィスの写真は大佐の管理下にありつづけ、したがって、生きたひとりの人間としてのエ…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『なぜ写真集が好きか』太田出版 1995年
『ブックストアで待ちあわせ』新潮社 1983年所収

このエントリーをはてなブックマークに追加