VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

撮られた人の行方 15 喫茶店の片隅での会話

「性」についての写真の物語

 前回の『同級生が歩んだノン・フィクション』で明かされた、ノンフィクション作家、高倉健二の高校時代の同級生桜子と、現在は桜子の恋人でもある、もう一人の同級生の現在に至る話は続きます。新宿の喫茶店の片隅で話される、桜子と同級生であった「彼女」についての物語は、「なるほど、そうか、そういう領域の出来事なのか、これは」という前回の高倉の言葉通り、通常の領域を超えて進んでいきます。そして、その話は、美人ボディビルダーの写真や、金髪女性の取材で出会った後藤尚美に通じる「性」についての写真の物語へと進みます。

底本:『MEN’S EX』一九九五年七月号

このエントリーをはてなブックマークに追加