片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

コーヒー・ショップ

東京を撮る 63

編集者の八巻美恵さんから送られてきた都立大学前のバス停から歩いたところで見つけたコーヒー・ショップの写真。八巻さんは、自宅からバスに乗り、降りたことのないバス停で降りてみて、そこから歩くという動作の連続の先に、この素晴らしい被写体を見つけました。そのことから片岡義男は連続についての実験を行います。以前にも登場した、北斎の凱風快晴を印刷したパッケージの小さな羊羹を7つ、6つ、5つ、4つ、3つと数を減らしながら撮影、そこに現れる連続性を考察するのです。連続した写真の面白さがそこに端的に現れています。

このエントリーをはてなブックマークに追加